ナチュラル生活1年生

7年の海外生活を経て、日本に戻ってきました。 今までのヨガ、中医の生活に加えて、体にも自然にも優しいナチュラルライフを少しずつ日本で取り入れていきたいと日々勉強しています。

タグ:陰ヨガ

バナナのポーズ 陰ヨガ 効果 まなみヨガ

バナナのポーズ
🍌

名前がかわいいですよね。

誰にでもできる簡単なポーズで、寝っ転がってやるのでしっかりとストレッチできます。

私のお気に入りのポーズでもあります。

 

このポーズ、やり方によって効く場所が変わってきます。

足を先に伸ばすと下半身の体側のストレッチがよく効きます。

手を先に伸ばすと上半身の体側のストレッチがよく効きます。

 

体側は胆のうの経絡が通っています。

胆のうは五行でいう「木」のエレメント。

最近怒りっぽいな、優柔不断で決断できないな、なんかストレス溜まってる~、生理不順だな、という方におススメですよ。

 

試してみてくださいね~!

 

Jo Phee 陰ヨガ ティーチャートレーニング まなみヨガ2

陰ヨガのTTCが終わり、やっとほっとできています。

学んだ知識は膨大ですが、少しづつ自分のものにできるよう、コツコツと勉強を続けていく予定です。

 

今回は総勢46名、うち男性5名の参加者でした。

ニュージーランド人や、イギリス、アメリカなどから移り住んだ人が主に参加していました。

日本人は私だけ。

アジア組は他に、こちらの学校で針治療の学校に通っているシンガポール人の女の子が一人だけでした。

 

今回のTTCは参加して本当に良かったと思っています。

中医ベースのヒップモジュールのTTCでしたので、学んだ内容は大雑把に以下です。

 

中医学の基礎

経絡とポーズの関連性

Guashaマッサージ(スクレイピング)

臀部、鼠蹊部、大腿についての解剖学

骨格の違いのチェック方法と、その骨格に合ったポーズの取り方

陰ヨガの考え方、生徒さんに対するアドバイスやインストラクションの注意事項

 

私個人の感想としては、中医学の基礎はもうすでに学んでいたので、おさらいという感じでした。

クラスの半分の方はある程度中医に関する知識はあるようで、みなさん流して聞いている感じ。

 

一番参考になったのは骨格の違いのパートでした。

私の現在のクラスのスタイルは、生徒さんに無理をさせないポーズで気持ちよくストレッチを感じてもらうことなのですが、アライメントを気にしすぎてしまう生徒さんや、どうしてもきれいに見えることにこだわってしまう方もいます。

人によっては骨格の付き方によって、アライメント通りにやってしまうと悪い痛みが出てしまうこともあるので、アライメントは気にしない方がいい事もあるのです。

 

色々な国でヨガを学び、教えた経験があるので、国籍によって骨の付き方が全く違うこと、また生活習慣の違いから身体の構造が違うこと、日本人には容易にできても、その他の国の人には骨格の違いからそもそもとても難しいポーズがあることは分かっていました。

「日本人だったら簡単~」なポーズで膝を痛める外国の方もたくさん見ています。

 

骨格の違いを学び、検査方法もJoから教えてもらったので、これからはそれを基にちゃんと生徒さんに分かりやすく説明して納得してもらえ、なおかつ気持ちよくストレッチしてもらうお手伝いが自信をもってできると思うとウキウキします~。

私のなかでモヤモヤとしていた考えが、「やっぱりそれでいいんだ!」と再度確認できてクリアになりました。

すっきりです。

 

以前は私もアライメントを気にするヨガインストラクターでした。

でも、たくさんの生徒さんを見ているうちにアライメントにそんなにこだわる必要はないと思うようになったんですね。

本人が楽しく気持ちよくヨガできてればいいじゃないかと笑。

 

まぁ、考え方は人それぞれですので、アライメントを気にすることで楽しくヨガできる方もいます。

どんなスタイルでも自分が好きなヨガならおっけーです。

 

JoTTCは私個人的にはおススメです。

彼女のヨガに対する考え方が共感できるというのもありますし、中医と解剖学が一緒に学べますし、わかりやすく教えてくれます。

興味のある方は「いきなりTTCを受ける」でなくとも、彼女のシンガポールのレギュラークラスに参加したりしてみてはいかがでしょうか?

Jo Phee 陰ヨガ ティーチャートレーニング まなみヨガ

本日から陰ヨガのTTC始まりました!
今回私が受講しているのは、中医をベースに考えた陰ヨガのモジュールです。
なので、経絡を意識したアサナや、中医学の基本を学びます。
これから一週間、毎日8.5時間集中的に勉強です。

私なりに彼女から教えてもらったことを生徒さんのプラクティスに役立てることができるように頑張ります~。

中医 陰と陽 時間 バランス まなみヨガ 西安

たまには真面目に東洋医学のお話を書いてみようかなぁと思います。

 

ヨガでもそうですが、何事もバランスが一番大切!

東洋医学でも、根本の考え方は同じです。

 

下のマーク、皆さんも一度は見たことありますよね?
太極図

このマークは「太極図」と呼ばれるもので、白い部分は「陽」、黒い部分は「陰」を現わしています。

全ての物事は、この「陰」と「陽」で成り立っているという考え方です。

 

なので、人間の身体も「陰」と「陽」でそれぞれ分けられていますし、食べ物も、時間もそうです。

例えば、五臓六腑。

五臓は「陰」、六腑は「陽」の臓器として東洋医学では考えます。

食べ物も、身体を冷やす食べ物は「陰」、温める食べ物は「陽」です。

時間帯は、昼は「陽」、夜は「陰」の時間です。

とにかく、全ての物が「陰」と「陽」なのですよ。

 

この「陰」と「陽」のバランスをうま~く取ると、健康で幸せな人生を送れるのです。

例えば一番分かりやすい例ですと、生活リズム。

時間は細かくいうと、以下のように区分されています。

もっと細かく分けることもできるのですが、今回は簡単に。

 

2時から6時は「陰中の陽」

6時から12時は「陽中の陽」

12時から18時は「陽中の陰」

18時から2時は「陰中の陰」

 

「陽」の気が盛んな間は活動に向いています。

太陽の光を浴びるなどして、うまく「陽」の気を身体に取り入れるとよいといいます。

「陰」の気が強まる時間帯は、なるべくおとなしく心穏やかに過ごすのがよいとされています。

リラックスして、身体の中で「陰」を養うように心がけましょう。

 

なので、夜中に起きて活動して日中は寝ているという生活を続けたりして夜更かしする癖がついてしまうと、身体の中の「陰」と「陽」のバランスが崩れたり、「陰」の気が弱まったりして体調を崩します。

 

「陰」の時間帯は、身体を修復する時間でもあります。

身体の中でデトックスの作業が行われていたり、ホルモンが分泌される時間帯です。

 

「陰」の時間帯に「陰」の気を養うことができずに「陰」の気が弱まると、体の細胞がうまく修復されません。

身体の中の「陰」の気が不安定だと、おのずと「陽」の気も不安定になります。

日常生活で、この「陰」と「陽」のバランスをうま~く取っていくことが大切なのです。

 

東洋医学は本当に面白くて奥深いです。

またコツコツと色々なトピックでアップしていきますね。

Jo Phee TTC ティーチャートレーニング まなみヨガ

に参加します~。

詳細はこちら↓
http://eastwest.co.nz/uncategorized/jo-phee-yin-yoga-teacher-training-november-2016/

実はこのTTC、一か月前にたまたまネットで見つけました!
ちょうど行ける時期!
そして、前から行きたかった彼女のTTC!

でももう開催一か月半前...。
彼女のクラスはとても人気があるので絶対にsold outのはずー。

でも、ダメもとで問い合わせてみたら、なんと!
担当者からの返信がすぐにあり、
「Manami、あなたすごくラッキーよ!ちょうどJoと話をしていたところなの。あと数人だけ追加で参加者を募集しようとしてたの。今日にでもウェブで告知しようかと思ってたところだわ!」
と!!

そして急ですが参加することに~。
ダメもとで問い合わせしてほんとによかった!
ということで、初のニュージーランド行きが決まりました。
真面目にしっかりと陰ヨガを学んできたいと思います。

ニュージーランドでの新しい出会いが楽しみです!

まなみヨガ 流派 種類

「いつもはストイックに汗をかくクラスを取っているけど、今日はちょっと疲れてるからそんなに元気がないわ」という方は、たまにはリストラクティブ系のリラックスできるクラスを取ってみるのもいいですね。

 


一口にヨガといっても色々な流派があり、それぞれ全く違ったスタイルを持っています。

私の教えているクラスも、その方の要望や気分、現在の状況に合わせて選べるよう、色々なスタイルで対応できるように選択肢を設けられるようにしています。

 


 


以下、一部ですがヨガの流派をご紹介しますね。

 


ハタヨガ:

やさしいポーズを一つ一つゆっくりととっていくヨガです。

現在ある様々な流派のヨガの源流と言われています。

体のコンディショニングに最適です。

初心者の方でも安心してできると思います。

 


ヴィンサヤ・フローヨガ:

ポーズを連続して流れるように取っていきます。

スポーツ経験者や体力をつけたい方におススメ。

基本的にクラスの間は動き続けるので、初心者の方は次の日筋肉痛になったり疲労感があるかもしれませんが、スタミナがついて慣れてくると気持ちよく動きながらヨガができ、終わった後はスッキリとします。

 


パワーフローヨガ:

ヴィンサヤ・フローヨガより動きがハードになり、難しいポーズも入ってきます。

基礎体力・柔軟性がある方で、さらにスポーツ的感覚でヨガを楽しみたい方にお勧めです。

筋力アップ、ストレス発散にも最適。

ただし、身体の使い方を分かっていなかったり、無理をしてやると怪我につながりますので注意してください。

 


陰ヨガ:

ゆっくりと時間をかけてポーズを取り、筋膜、靭帯、腱を伸ばしてストレッチさせます。

深いリラックス効果が得られます。

柔軟性を高めたい方、ちょっとお疲れ気味の方におススメです。

フローヨガやアシュタンガの動的ヨガに対し、静的なヨガです。

 


アシュタンガヨガ:

プライマリーレベルから始まり、6段階までレベルがあります。

決められたシークエンスにのっとり、順番にポーズを取っていきます。

筋力、柔軟性、スタミナが必要とされるハードなヨガですので、中級から上級のヨガ経験者におススメです。

アシュタンガを好む方はストイックな頑張り屋さんタイプが多いので、ついつい無理をして怪我をしないように気を付けましょう。

 


アイアンガーヨガ:

解剖学に基づいてポーズを取っていくヨガです。

ブロックやベルトなど、色々な道具を使いながら丁寧にアライメントを整えていきます。

ヨガ初心者の方や、身体の故障で悩んでる方でも安心して取り組めるヨガです。

身体の使い方を学びながらヨガしたい方にオススメです。

 


 


世界中に様々な流派のヨガがありますので、ぜひ色々と試してみてください!

私も色々な流派を気分によって使い分けて自分のプラクティスに取り入れています。

流派によってポーズの呼び方が違ったり、全く新しいポーズに出逢えたり、それぞれのヨガに対する考え方など、発見が色々とありおもしろいですよ。

 


もっと色々と紹介したいヨガの流派があるのですが、長くなってしまうのでこれくらいにしておきます。

興味のある方は、レッスンの前後にでもまた聞きに来てくださいね。

どのヨガから始めようかまだ決めきれないという初心者の方がいらっしゃいましたら、メールで気軽に相談してくださいね。

 


このページのトップヘ