ナチュラル生活1年生

7年の海外生活を経て、日本に戻ってきました。 今までのヨガ、中医の生活に加えて、体にも自然にも優しいナチュラルライフを少しずつ日本で取り入れていきたいと日々勉強しています。

タグ:辛い

ヨガを初めてやった方で2回目のクラスにいらっしゃるとき、「せ、先生。ヨガの後、翌日全身が筋肉痛ですごかったです!」とおっしゃる方がいます。

これ、私も初めてヨガをやったときに体験しました。


多くの方がヨガで筋肉痛がくるとは予想していません。

私も、初めてヨガを体験した翌日の信じられないほどの筋肉痛に驚きました。

朝起きて身体が動かないほどの筋肉痛でした…。一瞬金縛りかな?と思ったほどです。


ヨガは全身の筋肉をくまなく使用しますので、全身くまなく筋肉痛でした。

太ももだけとか、二の腕だけであれば皆さんもよく経験すると思いますが、本当に全身にきました。


今、ヨガの先生として教える身になって分かったのですが、インナーマッスルは基本的な「立位姿勢」とか、「体をその場に保持する」といった動作を受け持つので、全身のインナーマッスルが筋肉痛になって動くことすらできなかったんですね(汗)


30分程してようやく体を動かすことができるようになりましたが、全く動かない→少し動くけど激痛→動くけどかなり痛いという具合です。

当時は一人暮らしでしたので、このまま体が動かなかったらどうしようかと一瞬ベッドの上で思いました(笑)

あまりにひどい筋肉痛は身体によくありませんので、皆様はくれぐれもやらないように注意してください。

でも、一度実際にヨガをやってみないと翌日どれくらい筋肉痛がくるかはわからないので難しいですけどね。


私の場合は何の予備知識もなく、とりあえず行ったときにたまたまあったクラスを受けました。

クラス中は、「ヨガって結構動くんだ!体力なかなか必要ねー。」くらいのノリでやっていたのですが、翌日全身ものすごい筋肉痛です(笑)

 

この全身筋肉痛のショックが大きくてヨガにのめりこんでしまったというのもあって、私の場合はショック療法というか、「ヨガって何??なんでこんなに筋肉痛がくるの??」という興味もあり、色々と研究するようになりました。

ヨガを教えている過程で気づいたのですが、筋肉痛には2種類あります。
このトピックは長くなりそうなので、また別の機会に書きたいと思います。
 

で、長くなりましたが本題です。

「筋肉痛のときにヨガやって大丈夫ですか?」という質問は結構聞かれます。
あまりにも筋肉痛がひどい場合は筋肉痛が収まるまで静かにしていることをおすすめします。

筋肉痛が軽度になったらヨガをやっても大丈夫です。


筋肉痛のメカニズムは実はまだ解明されていないのですが、筋肉の炎症という説が現在では濃厚です。

炎症が治まる過程で筋肉は修復、強化、可動性の向上がされます。

あまりにもひどい炎症を起こしているときは、少し回復するまで体をいたわっておとなくしていましょう。


ヨガでもリラックス系やハードに動くタイプと色々流派がありますので、アシュタンガやフローヨガはもちろん頑張れば頑張っただけ筋肉痛がきます。


プライベートレッスンのときはその方の体の状況に合わせられるのですが、クラスでみんな一緒にやると、どうしても皆さん頑張ってしまうので、結構筋肉痛がきたりします。


体力に自信のない方は優しいクラスから始めてくださいね!

くれぐれも、無理をしないように!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チャトランガで床へ体を落としていくときに、体を真下に落とす方がいます。

しかし、体を真下に落とすと腕のアライメントが崩れてしまいますし、辛いだけですよ。

海外のクラスでは、「Lower down to Chaturanga」とインストラクションが入ります。

直訳すると日本語と一緒で、「チャットランガの体制に体を落とす」です。

ほぼ決まり文句ですので、先生もあまり気にせず細かい指示は必要であればすればいいという意識でしょう。



しかし、このとき意識すべきことは「体を前方に落とす」です。

つまり、床へ体を落とすときに真下ではなく、頭のほうへ少しスライドしながら落としていくということです。

この意識を持って行うと、腕がきれいに90℃体側に対して整います。

肘と体側が同じ高さに整い、肘の真下に手首がくるのが理想的なアライメントです。



「体を前方へ」という意識がないと、アライメントが崩れ、間違った筋肉を使用することになります。

そして、腕力に頼りがちなため腕の筋肉が発達して大きくなりますよ。

男性はいいかもしれませんが、女性はあまりありがたくないですね。



ちなみに、私は体をそのまま下に落とすと腕の筋肉をかなり使用するためものすごく辛いです。

前のほうにスライドしながら床に近づけた方が断然楽にチャトランガに移れます。

足と手で体を前方に軽く押し出しながら下がっていくイメージでしょうか?

この方が効率よく、少ない力で体を移行できますよ。

もちろん、コアの筋肉も一緒に連動させることが大切です。

振り子時計のようなイメージで、コアを中心に体ごと動かしましょうね!



少し意識を変えるだけでポーズで使う部分、ポーズの以降のしやすさがぐんと変わってきます。

お試しくださいね!



ただ、ビギナーの方は無理をしてチャトランガに移ると手首などを痛める恐れがありますので、まずは膝をついてやる簡単バージョンで練習することをおススメします!





 


 


 


 


 


 


 


 

このページのトップヘ