ナチュラル生活1年生

7年の海外生活を経て、日本に戻ってきました。 今までのヨガ、中医の生活に加えて、体にも自然にも優しいナチュラルライフを少しずつ日本で取り入れていきたいと日々勉強しています。

タグ:生理不順

ビーツ ニュージーランド名物 中医 まなみヨガ

ニュージーランドの名物の一つに「ビーツ」があります。

最近は日本でもこのビーツ出回っていますよね。

 

ビーツの主な生産地は、ニュージーランド、オーストラリア、オランダだそうです。

 

オークランドのスーパーで購入したものは3.5ドルくらい。

日本円だと270円くらいでしょうか。

日本で買うと倍くらいの値段します...

 

オークランド滞在中、同じ宿に泊まっていたドイツ人の女の子が共同キッチンでこのビーツをサラダに使っているのを見て、すごくおいしそうで早速私も真似しました笑。

 

ビーツは「スーパーフード」と呼ばれるくらい栄養価の高い野菜です。

「食べる輸血」と呼ばれるほど鉄分やミネラル、ビタミンが豊富なんです。

抗酸化作用のあるポリフェノールもふんだんに含まれています。

若返りが大いに期待できますね!

 

日本や中国ではあまりお目にかかることがないので、オークランドにいる間にできるだけ食べたい~。

こっちだと日本より安く手に入りますし、個人的にもビーツは大好きです~。

ということで、よくサラダに使っていました。

 

さて、中医学的にみるとビーツは「甘」、「微涼」の食べ物で「心」と「脾胃」を養います。

 

身体の解毒作用を手伝い、余分な体の熱を取り除いたり、消化を助けてくれます。

上に昇ってしまった気を降ろしてくれる作用があるので「怒りっぽい」方や、血の改善にも効果があるので「生理不順」「生理痛」改善にも良いです。

もちろん、貧血気味の方にもおススメですよ!

女性にはありがたい食べ物だと思います。

 

しかし身体を少し冷やす食べ物なので、冷え性の方はなるべく控えた方がいいと思います。

どうしても食べたい場合は、温かいスープにしたり、身体を温める作用のあるものと一緒に食べましょう。

 

そしてもう一つ注意事項!

ビーツを扱うときに洋服などに付かないように注意しましょう~。

鮮やかな赤い色が取れなくなります

 

バナナのポーズ 陰ヨガ 効果 まなみヨガ

バナナのポーズ
🍌

名前がかわいいですよね。

誰にでもできる簡単なポーズで、寝っ転がってやるのでしっかりとストレッチできます。

私のお気に入りのポーズでもあります。

 

このポーズ、やり方によって効く場所が変わってきます。

足を先に伸ばすと下半身の体側のストレッチがよく効きます。

手を先に伸ばすと上半身の体側のストレッチがよく効きます。

 

体側は胆のうの経絡が通っています。

胆のうは五行でいう「木」のエレメント。

最近怒りっぽいな、優柔不断で決断できないな、なんかストレス溜まってる~、生理不順だな、という方におススメですよ。

 

試してみてくださいね~!

 

「アップドッグ、コブラのポーズをやると腰が痛くなる」という方がいらっしゃいます。

ヨガでは「痛み」は何かを間違ってやっているサインです。

多くの場合、腰周りの筋肉がきちんと使われず、腰から折り曲げるようにしているため、背骨に過大な負荷がかかっていることが原因です。

本人は頑張ってポーズを取っているのですが、肩に力が入りすぎていたりなど、本来このポーズで使うことのない部分の筋肉に力が入っていることが多くあります。
 

腰周りというと、頑張って腹筋に力を入れる方がいらっしゃいますが、このポーズでは「腹筋=腹直筋」は弛緩させなければいけません。腰周りの筋肉と言ってもたくさんありますので、正しい筋肉を収縮し、伸ばすべき筋肉は弛緩させなければなりません。


人によっては「お腹の筋肉をどう使っていいのかわからないし、筋肉が感じられない、うまく使えない」という方もいらっしゃいます。


言葉では非常に説明しにくいので、コブラのポーズやアップドッグで腰が痛いという生徒さんには、実際に私の体の使い方を触って確認して頂いた後、その方の体を触りながら筋肉の動きを確認し、きちんと腹横筋が使えているかなどチェックしています。


また、そういった方は立っているときの姿勢でも腰周りの筋肉がきちんと使えていないことが多いです。

したがって、生理不順や、生理が止まってしまったり、尿漏れなどの症状もあります。


もし、このポーズで腰が痛くなったり、やり方がいまいち分からなければご自分の先生に相談してくださいね。

間違った方法でポーズを取り続けると、腰痛が悪化するなど、健康のためにやっているのに逆効果になりかねません。


腹横筋などの腹筋群を上手に使用し、腰を守りながらなおかつ背骨一本一本を伸ばすイメージをもってポーズを取ることが大切です。


無理をせず、気持ちよくヨガしましょう!

 

 

 

 

前回の続きです。
踵のガサガサはどうしたら良くなる? その2

2.    冷え

中医では「冷え」は「腎」にとって大敵です。

「冷え」が身体に入ってくると、「腎」が衰えます。

「腎」は「腎臓」「膀胱」「子宮」などともリンクしていますので、体を冷やすとそれらの器官が弱っていきます。

「腎系列の臓器が弱る→腎系の反射区は足のかかとにあるのでそこに老廃物が溜まり、サインとして現れる」パターンですね。

 冷房の効いた室内でのデスクワークや、冷たい飲み物、身体を冷やすサラダなどは気を付けましょう。

「腎」が弱ると老化にもつながりますので、いいことはありません。

 

3.    普段の生活習慣からくるもの。

運動不足やストレスがこれに当たります。

脚の筋肉はあっという間に衰えます。

普段「座りっぱなし」や「車ばかりの生活」が多く、足を動かしていないと筋肉が衰え、血液を心臓までポンプして戻す機能が低下し、結果老廃物が身体の一番下の部分、足に溜まってしまいます。
また、腎臓や膀胱、子宮に関連する経絡は脚の裏側や内側に通っています。
座りっぱなしの生活ではそれらの経絡が圧迫されたままで流れが滞ってしまいます。

また、「ストレス」は中医学でいうと「気」の流れを乱します。
結果、やはり反射区で身体の一番下の部分にある踵に老廃物が溜まり、ガサガサになったり腫れたりします。



足の裏、チェックしてみてくださいね。

自分の足の裏はノーマークな方も結構いらっしゃるようで、改めて足裏を確認し
「こんなにガサガサなっていたっけ?」
「なんか親指が内側に曲がって変形している!」
とびっくりされる方もたくさんいらっしゃいます。


ガサガサになっていたり、押すとゴリゴリいっていたり痛みを感じたら体からのサインです。
何が原因になっているのか一度ご自分の日常を見直してみてくださいね。

違和感を感じる靴を履いていませんか?

デスクワークの方は一日中座りっぱなしになっていませんか?

気が付いたときにストレッチくらいできますよね?

 

心やお肌に潤いが必要なように、足もケアしてあげましょう。

毎日5分だけでもいいんです。

アンチエイジングだと思って自分をケアしてあげましょう。

私の場合はテレビを見ながら足を揉んだり、毎日お風呂で7分程度足を揉んであげています。

湯船にゆっくり浸るのも効果がありますよ。

あまりガサガサがひどいときはクリームを使って念入りに足を揉んであげましょう。足だけでなく、ふくらはぎから膝の上まで全体的にもんであげるとリンパや血液が流れやすくなります。

 

足の裏は普段気きしない方も多いですが、自分の身体ですからしっかりと労わってあげてくださいね~。

 


皆様お久しぶりです!
マニラの方々もお元気ですか?

さて、日本ではヨガクラスは少しセーブしておりますが、引き続き日本にいる皆様とヨガを楽しんでおります。

日本に戻ってきて気づいたことの一つに、街を歩く人たちの姿勢の悪さがあります。
特に女性!合わない靴のせいで踵から血が出てしまい、絆創膏を貼っている足で無理して歩いていたり、高すぎるヒールのせいでぎこちない歩き方になっていたり。
合わない靴で歩くことにより体に変な負担がかかり、歩く姿勢がおかしくなっています。

また、足がむくみ、特に踵がガサガサです~!

踵は骨盤や子宮と繋がっています。踵がガサガサになるということは、骨盤や子宮も硬くなり、冷えてしまうということです。
生理不順や生理痛、無月経、不妊にもつながります。
また、男性の場合、精子量の減少や勃起不全に関係してきます。
男性に関しては、ガサガサになる方より、生殖器につながるツボの部分にしこりができていたり、そこを押すと鋭い痛みが走ったりします。
男性の場合は靴が合わなくてというよりは、別の事柄が原因となっているようですね。

踵がガサガサになるとどうなるのか?

どうして踵がガサガサになるのか?

色々と理由はありますが、大きくは「冷え」「合わない靴を履いている(歩き方)」「運動不足」「ストレス」が原因となっていることが多いです。



足には体の「反射区」という面があります。これが点になると「ツボ」です。

反射区 足裏

(画像はネットからお借りしました。)


この、大きなエリアが「反射区」で、「ツボ」はそれとは別に“点”で存在します。

 

足の裏には様々な神経や経絡が張り巡らされており、それぞれが内臓や肩、首などと繋がっています。

足が柔らかく、弾力があると老廃物も溜まらず、スムーズに各部所が機能しているということです。

しかし、足の一部がガサガサになったり、ぱんぱんに腫って痛くなったり、魚の目ができていると、その部分に対応している臓器や器官は正常に機能していない場合があります。
老廃物が溜まっているから皮膚が厚くなったり、ぱんぱんになるんですね。

肩の反射区に反応が出ていれば肩こりがひどかったり、胃の反射区だと食べすぎや胃痛などの症状があるはずです。

 

ヨガのクラスにいらっしゃる生徒さんの足を何気なく観察すると、異常がある部分が必ず足に反映されています。私が足つぼや経絡に興味を持ち、ヨガと合わせて取り組んでいる理由もそこから来ています。

 

その2に続きますね。
踵のガサガサはどうしたら良くなる? その2 


このページのトップヘ