ナチュラル生活1年生

7年の海外生活を経て、日本に戻ってきました。 今までのヨガ、中医の生活に加えて、体にも自然にも優しいナチュラルライフを少しずつ日本で取り入れていきたいと日々勉強しています。

タグ:玉皇楼

西安 小五台登山 地図 まなみヨガ 西安

「小五台」のまとめです!

 

「小五台」は西安の南に位置する標高1,000m程の山です。

「子午古道」の隣にあり、西安市内からバスやタクシーなどでアクセス可能です。

信仰の山としても知られており、山頂には仏教のお寺があります。

北側のルートには、「玉皇楼」や「千年娑罗樹(樹齢千年のサラの木)」といった見どころもあります。

合計2~3時間で登って下りてこれますが、道の傾斜がきついので初心者の方には向いていないかもしれません。

 

 

【ルート】

主には北側と南側の2つのルートがあります。

登山道は蜘蛛の巣のように張り巡らされており、登山口や途中に地図などはありません。

頂上を目指して上へ上へと目指して行けば迷わず山頂に到着できると思います。

下山はコンパスなどで方向を確かめながら降りていきましょう。

 

🌸南側ルート

南側のルートは日が当たって温かいです。

季節や時間帯によっては熱いです。

南側のルートは主に土でできており、場所によっては道が雨で流されてしまって真ん中が削れており、歩きにくい個所もあります。

下りのルートで使用する場合、特にふもとに近い道は傾斜の関係で滑りやすそうなので注意が必要です。

眺望ポイントは中腹と麓にあります。

 

🌸北側ルート

ひんやりとしており、北側全体が水分を多く含んでいる印象です。

季節や時間帯によってはかなり冷えると思います。

北側のルートは岩や石が多く、土砂崩れの跡も何か所かありました。

南側のルートよりかは歩きやすいと思いますが、傾斜はやはり急です。

「玉皇楼」や「千年娑罗樹(樹齢千年のサラの木)」といった見どころがあります。

眺望ポイントは「玉皇楼」以外、基本的にありません。

 

【水分補給・食べ物】

基本的には食べ物と飲み物は予め準備して持って行った方がいいと思います。

早い時間だとお店は開いていませんし、その日営業しているかもあまり当てにしない方がいいと思います。

そもそも、「小五台」の周りにはお店自体少ないです。

 

南側のルートだと、「子午鎮」前にある個人商店でお菓子や飲み物の購入ができます。

南側ルートだと、簡単に食事ができる場所は「子午鎮」を過ぎて少し行ったところに1軒あるのみです。

ただし、早い時間だと空いていません。

おそらく10時頃にお店が開くと思います。

 

北側のルートは「小五台」石碑前にある個人商店でお菓子や飲み物の購入ができます。

农家吃」は「小五台」石碑を過ぎるといくつかあります。

私たちが帰りに通ったときに、食事をしている中国人のパーティーが何組かちらほらいました。

ただし、これらのお店も早い時間だと空いていません。

おそらく同じように10時頃にお店が開くと思います。

 

【お手洗い】

お手洗いは2か所しかありません。

もしかしたら山頂のお寺で使わせてもらえるかもしれませんが、未確認です。

地図に場所を記しておきますので、必ず寄ったほうがいいと思います。

 

【駐車場】

「子午鎮」前の駐車場は5元/回です。

「小五台」の南側ルートの入り口にある駐車場は10/回です。

 

北側ルートの駐車場は、正規の駐車場かよくわかりません。

値段の表示もなかったので、料金も不確かです。

北側ルートの入り口手前右側にあるので、誰かに聞いてみてください~。

 

【アクセス】

バスやタクシーなどの公共交通機関でアクセスできます。

市内からだとタクシーでだいたい1時間20分くらいだとおもいます。

バスだと2時間ほどかかります。

基本的にはこの間レポートした「子午古道」へのアクセスと同じバス停を使用します。

 

西安の南にある山、「小五台」のレポートの続きに戻ります~。

一気に書いてしまいますよ。

 

晴れていたのですが山頂はずっとガスっていて眺めは見えませんでした。

ので眺望の写真はありません~。

 

14時。

さて、たっぷり休憩したので、先ほどおじさんに教えてもらった北側のルートから下山することに。

おじさんの言う通り、こちら側のルートは日が当たらないようでひんやりとしており、山の斜面も水分を多く含んでいるようです。
小五山 登山 まなみヨガ 西安19

南側のルートより明らかに岩や石が多いです。

この時、山頂付近は紅葉が始まりかけていました。

小五山 登山 まなみヨガ 西安20

この北側のルートは石がゴロゴロしていてちょっと歩きにくいので、気を付けながら下山します。

中腹くらいまで下ったときに「玉皇楼」の看板が。
玉皇楼 小五山 登山 まなみヨガ 西安

この山の見どころということで、事前に名前は知っていましたが、場所が分からなかったポイントです。

今回はスルーして、また今度遊びに来ることにします。

 

看板の近くにはこんなお猿さんみたいな木もあったり。

猿の顔 小五山 登山 まなみヨガ 西安20

 

ぐんぐん下っていきますよ~。

小五山 登山 まなみヨガ 西安21
 

この大きな岩まで来たら、ゴールはもうすぐそこです。
小五山 登山 まなみヨガ 西安22

ところで、岩の下見えますか?

小枝が支えとして挟まっています。

これ、日本の山でもよく見かけますが、中国でもやるんですね。

おもしろい~。

 

さらに下っていくと、「千年娑罗樹(樹齢千年のサラの木)」とあります。

さすが仏教のお寺が山頂にあるだけあって、仏教に関連の深い木がありますね。

千年娑罗樹 小五山 登山 まなみヨガ 西安
 

しかしここもスルーします。

次回の楽しみとして取っておきましょう~。


千年娑罗樹 小五山 登山 まなみヨガ 西安2
 

サラの木のポイントから10分程下ると...

ふもとの集落に出ました!

でも、ここどこ?

小五山 登山 まなみヨガ 西安23
 

北側に出たことは間違えないので、地理的にはこのまま真っ直ぐ歩いていけばバス停のある大きな道路にどこかでぶつかるでしょう。

そんなに気にせずだいたいの感覚で歩き始めます。

 

このふもとの集落は南側より栄えていますね。

一つ一つの家が立派ですし、「农家吃(食事処)」兼「民宿」のような所がたくさんあります。

小五山 登山 まなみヨガ 西安25
 

南側の集落もニワトリとガチョウを飼っているお家がありましたが、こちらの集落にもありますね。

こちらの集落のニワトリはサイズが巨大でびっくり!
小五山 登山 まなみヨガ 西安24

なんという種類なのでしょうか?

ガチョウは白くて美しい鶏ですが、食べても脂の部分がとてもおいしいんですよね~。

 

どこかの従業員の方でしょうか?

服装がいい雰囲気出してますね~。

小五山 登山 まなみヨガ 西安26

村の端っこまでやってきたところで「小五台」の看板発見!

こちら側が正式な入口なのかな?

小五山 登山 まなみヨガ 西安27
 

さらに真っ直ぐ北へ進んでいくと、大きな鳥居がありました。

この村は「台沟村」っていうんですね。

小五山 登山 まなみヨガ 西安28
 

最後の最後で何とかカササギの写真が撮れました。
小五山 登山 まなみヨガ 西安29

「小五台」の南側の山の中にもたくさんいましたよ。

綺麗な鳥ですよね。

鳴き声はちょっと笑っちゃいますけど。

小五山 登山 まなみヨガ 西安30
 

ひたすら北上して無事バス停に到着しました!

が、乗ろうとしていた「坏山旅游号线」は15時が最終。

現在16時。

遠回りになりますが、別のバスを使って家に帰りました。

 

さて、レポートはこれで終わりですが、最後はまとめになります。

ルートやお手洗い、水分補給のポイントなどについて次にまとめて終わりにしたいと思います。

 

このページのトップヘ