ナチュラル生活1年生

7年の海外生活を経て、日本に戻ってきました。 今までのヨガ、中医の生活に加えて、体にも自然にも優しいナチュラルライフを少しずつ日本で取り入れていきたいと日々勉強しています。

タグ:気候

オークランド 天気 服装 まなみヨガ

オークランドの天気には色々と行く前から悩まされました。

私たちが滞在していたのは10月の終わりから11月の下旬の期間でしたが、その時期オークランドは春です。

 

事前にネットで調べると、

「天気はコロコロ変わる」

「風が強い」

「重ね着ができるようにしたほうがいい」

「雨が急に降るので傘は必須」

「白人はTシャツや短パンだけど、体感温度が違うので彼らの服装は当てにならない」

「みんな思い思いの服を着ているので、人によって服装は全くバラバラ」

「コートを着ている人もいれば、Tシャツの人もいる」

「日が差すと急にすごく暑くなる」

などの情報が得られました。

 

うーん、温度調節が難しそう。

心配だったので重ね着できるような洋服を選んだら、ヨガ用の服と合わせて意外と持っていく服が大量に…。

 

肝心のお天気や気候については、実際にオークランドに滞在してみてネットで調べた通りだ!と思いました。

 

本当にお天気がコロコロ変わります。

南極に近いせいか、雲の動くスピードもすごく早くて風も強く、お天気は目まぐるしく変わります。

スコールのような雨もたくさんありました。

でも、太陽が近いのか日が差すと肌が一気に焼かれる感じです。

 

一日の間に何度が雨が降ることもよくありますが、すぐに止みます。

ものすごい勢いで空がグレイの薄い雲に覆われ、小雨がよく振りました。

でも、一時間くらいすると止みます。

 

それから服装についてはほんとにみんな色々です。

なので、こういうことも起こります

オークランド 天気 服装2 まなみヨガ
 

体感温度は人それぞれなので、寒がりの人は右のお兄さんのようになりますし、暑がりの人は同じ日でもTシャツです。

私たちも、「なんでこんなに風強くて寒いのに、この人タンクトップ着て短パンなの??」という人をちょくちょく見かけました笑。

 

旦那さんも私も、「洋服の調節が難しいね~」と毎日のように言いながら、手にはウインドブレーカーやパーカーを携帯していました。

今度行くときは衣服が入るちょっと大きめのリュックを持っていこうと思います。

 

さて、ネットの情報に出ていなかったことで気づいたことがあります。

 

それは、「エリアによってはちょっとお天気が違う」ということです。

オークランド ピハ 天気 Piha まなみヨガ

後半はオークランドの西にあるPihaに移動しました。

Pihaはサーフィンで有名なビーチがあり、すぐ横には自然保護区になっている大きな原生林の森があります。

オークランドから車で一時間ちょっとの場所で、日帰りで遊びに行く人もたくさんいます。

 

このエリアは雨が非常に多いと感じました。

オークランドのシティでは雨が一日中ずーっと降っているということはなかったのですが、このエリアに移動して雨が一日中降っていることもしばしば。

スコールもシティにいたときより明らかに多いですし、雲もオークランドのように薄いグレイではなく濃い灰色の雲が多く、雨粒も大きかったです。

また、青空が出てくる時間も少なく、雨は降ってないけど曇っている時間が多かったです。

 

オークランドのシティやその他のエリアでは見かけなかった「キジ」もよく見ました。

キジは雨が降るとよく現れる鳥として日本でも認識されていますが、雨の良く降るエリアだから好んで生息しているのでしょうか?

 

帰りの飛行機で上空から見ると、やっぱりPihaは広く雲に覆われていました。

でも、オークランドのシティは雲なんて一つもありません。

ちょっと距離が離れているだけなのに、地形の違いでしょうかね?

 

季節や風向きによってもまた変わってくると思いますが、近くに広大な原生林の森もあるし、Pihaでは雨が降りやすいのではないかと思います。

 

遊びに行くときは気を付けてください~。

 

香港 夜景 まなみヨガ

ちょっと用事があって香港におりましたが、また西安に帰ってきました!

香港にはこれからちょくちょく行く機会がありそうなので、また一つ楽しみが増えました!

 

香港の感想。

・観光客が多すぎ!

 (ゴールデンウイークと重なって滞在したせいか、日本人もすごく多かった!)

・湿気がひどい...

・半端ない湿気でお肌が潤う。

・外国人多い!

・和食の店がやたらある。

 

初めての香港でしたが、何だか東京にいるようでした。

日本にあるお店もたくさんありますし、日本人も多いし、香港の街中も東京みたい!

 

ピッタ体質の私にはやっぱり湿気がダメで少し苦労しましたが、エキサイティングな街なので住んだら楽しいだろうなぁと思いました。

香港に住んでいる友達の話だと、「部屋の中のものがすぐにかびる」そうです。

フィリピンと一緒ですね!

私がフィリピンに住んでいた初期の頃は、鞄、洋服、スーツケースなど、ありえないものがたくさんカビましたよ。

 

ところで、西安は香港とのギャップが大きく大変乾燥しているので、一気にお肌が乾燥して荒れています。

せっかく香港で潤ったのに、台無しです。

毎回西安にどこかから帰ってくるたびに繰り返している事なのでしょうがないですが、いずれは対策を見つけたいと思っています。

 

さて、西安の大学もあと一ヶ月で授業が終わります。

ラストスパートで勉強も頑張りつつ、ブログもたまにアップします~。

 

日本一時帰国も残すはあとわずかとなりました。

もっと日本にいたいのですが、もう少ししたら西安に戻ります。

 

さて、中国での洗濯物事情について聞かれることがたまにあります。

外に干すと汚れが付くので、基本的には外には干しません。

 

そして、これが一番驚いたのですが、

 

西安では乾燥機を売っていない!

 

のです。

 

最初、そのことを知らなかったので、西安の電気屋で乾燥機付きの洗濯機が見つからず、うろうろしていました。

店員に問い合わせたら、「乾燥機付きの洗濯機は基本ないです」との回答。

「なんで??」とびっくりして聞くと、店員の方がさらにびっくりして「乾燥機なんて誰も使わないですよ!」と。

 

もちろん、大きな家電量販店に行けば売っていることもありますが、誰も買わないので値段が馬鹿みたいに高いです。

 

店員の方から話を聞いて、「そういわれれば確かにそうだ!」と思ったのですが、西安は砂漠に近いので空気は乾燥していますし、冬は暖気(ヌァンチー)があるので、室内干しでもあっという間に乾きます。

 

これは、マニラに住んでいた時には考えられないことだったので、ものすごくびっくり!と同時に洗濯が好きな私としては嬉しかったです。

マニラは湿気がひどい時期など洗濯物が全然乾かないので、乾燥機は必須でした。

 

使わなくて洗濯物が乾くのであれば、それはそれでエコだし大歓迎!と思いきや、エリアによっては乾燥がひどいので、加湿器が必須です(笑)。

 

うちの家は半年放置しておいたら、乾燥がひどかったのか床の木材が縮んでしまい、何か所か床に隙間があります。

床の木材が縮むなんて、人生で初体験ですよ。

 

西安にいらっしゃる際は、乾燥対策用の保湿クリームなどをお持ちくださいね。

フィリピンから西安に戻ってきました!
2週間ぶりの西安は、やっぱり寒いです。
寒くて外へ出たくありません。

天気予報を見ていたら、明日は気温が4℃~8℃だそうです。
 暖気(ヌァンチー)が11月の15日から入るそうなので、それまで寒いのは我慢です。

昨日は公安へまた在留届を出し、そのあとは一日中ゆっくりと読書をして、フィリピンでの疲れを癒していました。
フィリピンではヨガのお仕事と別件のお仕事で毎日忙しかったので、昨日は何も考えずゆっくりできて、また活力が充電された状態です。

 さて、年内は他の地域での活動予定はありませんので、西安におります。
知り合いの日本語学校を手伝いながら、ヨガの教室をやっておりますので、興味のある方はご連絡くださいね!

今日は早速友人の家でフィリピンから戻ってきた歓迎会を開いて頂きました!
おいしい中国料理にお腹いっぱいで、心も体も幸せです。

 これからまた少しづつこちらでの生活を書いていきたいと思います。

前回の記事は中国パワー全開で色々ありすぎたため、なかなかヨガ教室へたどり着けませんでしたので、今回はその続きです。

 

北里王村を一通り楽しんで村で朝食を食べた後、北里王村から北の方角へ歩いて30分、3環路を超えて市街地の中心の端っこへ戻るかたちでやっと到着しました!

このスタジオはコンドミの中にあります。

中はとてもきれいで、シャワーもありますが、使っている生徒はいません。

オーナーは韓国人のようで、韓国人の生徒が6人、9時の特別クラスを毎日受けているそうです。

 

特別クラスなので、9時のクラスはスケジュールに乗っていません。

 

まなみヨガ西安 morningスケジュール

 

ん?9時のクラスへ来いと言われたが、私は勝手に韓国人扱いされた??

たぶん外国人が問い合わせをしてくることはないので、どこかで噂を聞きつけた韓国人だろうと思われたのでしょうか。

ちなみに西安は韓国人たくさんいます。

受付にあったスケジュール表がなぜか9月なのが気になりますが(このヨガスタジオを訪れたのは10月の初めです)、中国なのでよくあることです。


ちょうど12:30からのクラスがあったので、そのクラスを受けることにしました。

「リラックスするヨガだよ」とのこと。

色々な意味で疲れていたので、調度いい!と思い、着替えて待っていたのですが、ここのスタジオは寒い!

 

西安では12月に「暖気(ヌァンチー)」という政府の集中管理の暖房が入るのですが、それ以前だと教室によっては物凄く寒かったりします。

ヨガウェアの上に一枚Tシャツ、その上にパーカー、靴下を履いて、ストレッチして体を温めながら待っていましたが、それでも寒かったです。


「これじゃあリラックス系のヨガなのに、寒すぎて全然リラックスできないよー。」と思っていたら、実際のクラスは結構筋力を使うポーズの連続でした。

「どう考えてもリラックスじゃないよね、このポーズ…」なんて考えながら、ストレッチ系のポーズがあまり入らないクラスは進んでいきます。

受付の説明が間違っていたのか、私の聞き間違えか、先生がなぜか内容を変更したのかよくわかりませんが、とにかく、クラス内容は終わってみたら「初心者のフロークラス」みたいな感じでした。

 

今日は朝からとことん「中国パワー全開!」の日のようです。

 

ちなみに、同じクラスを受けていたのは他に中国人の方4名。そのうち3人は中学生か高校生だと思います。

このクラスを受けている方は、みなさんヨガを始めて間もない印象を受けました。

教室自体が小さいので、5人入っていっぱいいっぱいです。

 

ここのスタッフの方は、「田舎から出てきた優しい子」たちのようでしたが、セールスがきつくてちょっと困りました。

セールスをかわすのにいっぱいいっぱいで、クラスの料金表の写真を撮り忘れました…。
外国人が珍しいらしく、
3人のスタッフ兼先生にぐるっと取り囲まれて、話も長いです。

 

この日はもう一件、下見する予定のヨガ教室が近くにあったため、「用事があるからー。」と何とか切り上げてスタジオを後にしました。

そのスタジオについてはまた時間のあるときに書きますね。

 

とにもかくにも中国パワーがすごすぎて、何だかどっと疲れた一日でした。

このページのトップヘ