ナチュラル生活1年生

7年の海外生活を経て、日本に戻ってきました。 今までのヨガ、中医の生活に加えて、体にも自然にも優しいナチュラルライフを少しずつ日本で取り入れていきたいと日々勉強しています。

タグ:料金

まなみヨガ オークランド フェリー チケット 注意事項

水曜日の便で大人2名お願いします。」と言って買ったフェリーのチケット。

 

家に帰ってふと見ると、「!!!」有効期限が1031日までになってる~。

水曜日は112日なんですけど…。

 

カスタマーサービスに電話をし、折り返しを待つことに。

 

30分程待ってかかってきた電話は、いかにも気のいい明るいお兄さん。

「はーい、Manami!元気?オペレーターから聞いたんだけど、君のチケットが何だかおかしいって?もう一回僕に説明してくれる?」

 

水曜日の便でお願いしたことを伝え、再度このチケットに表示されている期限の確認をお願いすると

 

OK、水曜日の便に乗りたいんだね~!なるほど~。あのさ、そのチケットに書いてある有効期限の年って2017になってる??」

 

はぃ??2017??

 

チケットをもう一度見ると...

 

 

有効期限:20171031

 

 

えー!!!

 

 

「あはは、そうなんだよね~。みんなよく混乱して電話してくるんだよね~。」

とお兄さん。

 

つまり、有効期限が1年あるようなんです。

そんな説明、購入した際には何もなかったんですけど~。

 

水曜日の便でお願いしてチケットを受け取った際、「フェリーの時間は何時ですか?」と聞くと、確かにお姉さんは「いつでもいいわよ、好きな時に乗って。時刻表を一緒に渡しておくわね~。」と言ってましたけど…。

私の解釈は「水曜日の便ならいつ出港する船に乗ってもOK」でした。

“有効期限が買った日から1年あって、基本的にその間だったらいつ乗ってもいい(もちろん1回の使用のみですよ)。日付指定ではチケットを発行していない。“

なんて言ってなかったよ~。

 

私のなかでは完全に“水曜日の便“で話していましたし、お姉さんも「水曜日に行きたいのね!」と了解していました。

そしたら説明くらいしてくださいよ、お姉さん~。

 

まぁ、チケットを購入した際にちゃんとその場で確認しなかった私もいけないですよね。

反省。

 

さて、“みんな混乱して電話してくる”そうなので、このブログを見た方は私のように“混乱して電話しないように”してください笑。

そして、チケット売り場の窓口できちんと確認してくださいね。

 

オークランドのフェリーは欠航になることもたまにあるようなので、おそらくそのために有効期限が1年あるのだと思います。

“日付指定で買ってその日が欠航になり、日付変更したらまたその日も欠航でまた変更”などになったら確かに手間ですからね。

 

当日、直前の購入でももちろん問題なく買えますよ。

私は、「朝寝坊しちゃうかな」とか、「チケット売り場たくさん人が並んでるかも」とか、なんとなく不安だったので、予め買ってしまいました。

 

ちなみに、Waiheke島までは大人一人片道22ドル、往復で36ドルです。

1時間半くらいでオークランドから行くことができます。

 

予定通り今日行ってきました。

とても素晴らしいところでしたので、また後日レポートを書きますね。

まなみヨガ西安 修理 道端

大学の教科書が重すぎてバッグが壊れました!
ということで、前から気になっていた道端にある修理屋さんを利用してみることに。

西安では、少し裏道に入れば修理をしてくれる人がそこら中にいます。
道端に修理道具をたくさん置いて、靴やバッグ、洋服、自転車、おもちゃなど、様々なものを修理してくれるのです。

修理工さんは、おじちゃんだったりおばちゃんだったり...。
「どこからきたの??」
「西安で何してるの??」
と修理工のおじちゃんや順番待ちの他のお客さんたちと世間話をしているうちに修理が終わりました!

ちなみに、写真に写っているミシンは手回しです!!!
おじちゃんがいきなり手でミシンを回し始めたので、思わず見入ってしまいました。
日本ではこういう光景はもうないですよね。

修理して物を大切に使おうという考えは日本人として共感できます!

ちなみに、バッグの修理は3元でした!安いー!
私の前に靴を修理していた人も3元支払っていたので、簡単な修理なら相場はそれくらいのようです。

おじちゃんに修理してもらったバッグ、大切に使おうと思います。

まなみヨガ西安 ツボ焼き芋

冬といえば、やっぱり「焼き芋」ですよね!

日本では「焼き芋売り」はもうあまり見かけなくなりましたが、ここ西安ではまだまだたくさんいます。

私は焼き芋が大好きで、よく買っています。

 

西安では焼き芋売りはあちらこちらにいて、日本のような「車で移動」タイプではなく、「手押し車」で移動できる屋台タイプのお店で売っています。最近では写真にあるような、この「ツボタイプ」の焼き芋屋さんが勢力を伸ばしてきています。

この「ツボタイプ」の焼き芋屋さん、本当においしいんです!

使っている芋を厳選しているのか、他に秘密があるのかわかりませんが、「ツボタイプ」の焼き芋屋さんの芋は他と比べて甘くてとろっとしています。

 

写真ではわかりませんが、一番上の焼きあがった芋を乗せてある網を外して上からツボをのぞき込むと、一番下に炭があって何層にも重なった網の上で焼き芋が次々と出来上がっていきます。

「ただのツボ」ではなく、ちゃんと機能的に作られています。

 

「ツボタイプ」の焼き芋屋さんはどうやらチェーン店のようなのですが、お店によって味が違います。

また、店によっては日によって焼き方、芋のコンディションにばらつきがあります。

私のお気に入りはこのダチョウ倶楽部みたいなおじちゃん3人組が売る焼き芋で、他のお店も色々と試しましたが、ここの焼き芋は毎回甘くておいしいのです。

今までハズレはありません。

(3人目のおじちゃんは写真にはうつってないですね...)

 

いつも三人で仲良さそうにおしゃべりしながら焼き芋を売っています。

また、写真の右側に写っている帽子おじちゃんの「どや顔」がいつも笑えます。

私が「この芋がいい」と選ぶと、「おや、お客さん目が高いねぇ~」とか「この大きいの買ってってよー」とか「もう一個買ってきなよ」とか毎回何か言ってきます。

なかなか商売上手ですね。

 

この間夜に買いに行ったときは、「もうあと残り4つだから全部買っていってよ~。」と家に帰りたいオーラ丸出しだったので(夜はかなり冷え込むんですよ)、かなりお得な4つで6元(100円くらい)という金額にしてもらいました!

 

ちなみに、お値段は重さによっても変わるのですが、だいたい1本で5元ほどです。

日本じゃありえない価格ですよね。

中国では焼き芋に関してはものすごく贅沢できます。

お手頃なお値段でしかもおいしいので、西安の人々も爆買いです(笑)。

写真を撮ったとき横にいた若いお姉さんは一人で6本買っていきました。

 

冬はとても寒い西安ですが、冬にならないと食べれないおいしいものがたくさんあるので冬は冬で楽しいですよ~。

 

 

yoga blue 西安 まなみヨガ

色々とヨガスタジオをまわりましたが、先にまとめをしておきます。

それぞれのスタジオの詳細はまた後ほどアップしますね。

 

西安のヨガ教室の特徴

 

    レッスンは中国語

    教室に英語が喋れるスタッフがいればラッキー

    シャワーは基本使えないと思った方がよい

    ヨガタオル、飲料水やスポーツドリンクは持って行ったほうがよい

    スケジュールや料金は実際にスタジオに行かないとよくわからない

    先生の質は人それぞれなので、お気に入りの先生を自分で見つけるしかない

    更衣室に着替え専用の個室スペースはないので、オープンに着替えをする

    結構色々なクラスがあるが、アシュタンガやアドバンスレベルの難しいクラスはとても少ない

    季節、スタジオによっては教室が寒いところがある

    どのスタジオも無料体験クラスがある

 

以下補足をつけますね。

    レッスンは中国語
私が色々と行ってみたスタジオの中に、英語その他の言語でレッスンしている教室はありませんでした。
外国人講師も見ていませんし、私以外の外国人生徒もいませんでした。
レッスンは基本的に中国語なので、リストラクティブ系のリラックスをするヨガのクラスを受けた時は、中国語で何を言っているかよくわからず、全然リラックスできませんでした。
中国語が堪能であれば問題ありませんが、中国語が分からない場合、リストラクティブ系のヨガはお勧めできません。ハタヨガや、フロー系のヨガの方がいいと思います。


    教室に英語が喋れるスタッフがいればラッキー
西安は観光都市ですが、観光に関係ない仕事をしている普通の人々は英語が喋れません。
スタジオに中国語の辞書などを持参して、コミュニケーションするのが良いと思います。


    シャワーは基本使えないと思った方がよい
シャワーの真下にごちゃごちゃと物や段ボールが置いてあり、物置状態のシャワー室や、蛇口がそのまま大きくなったような変わったシャワー(水が出そう…)がありました。
また、きちんと使える状態のシャワー室はだいたいシャワーが1つしかなく、教室としてはあまり使って欲しくない雰囲気が出ています。
(中国人はきれいに使ってくれない人がいるのでしょうがないんですよ。)
私が色々とスタジオを回った中で、シャワーを使っている人は誰一人としていませんでした。
シャワーはあっても使わないというのは、暗黙の了解なようです。


    ヨガタオル、飲料水やスポーツドリンクは持って行ったほうがよい

ヨガマットはどこのスタジオも用意されていて、無料で使えます。
ヨガマットの上に敷くヨガタオル、ヨガラグは持って行くことをおススメします。スタジオで貸してくれるところはどこもありません。売っているスタジオはありますよ。
衛生面も含め、自分で準備したほうが安心できます。
また、ウォーターサーバーはほぼどのスタジオにもありますが、念のため飲料水やスポーツドリンクを持って行ったほうがいいと思います。

 

    スケジュールや料金は実際にスタジオに行かないとよくわからない
西安ではどのヨガスタジオも基本的にインターネット上にクラススケジュールを公開していません。WeChat(中国人が使っているチャットのシステム)があればクラススケジュールを送ってもらえます。
しかし、クラスの内容になるとうまく説明できないようなので、実際にクラスを受けてみないとどんな内容か分かりません。
クラス料金とスケジュールは、どこのスタジオも受付のカウンターに表示があります。


    先生の質は人それぞれなので、お気に入りの先生を自分で見つけるしかない
色々なスタジオに行きましたが、先生の質はバラバラです。
私がクラスに参加した先生はみんな優しくて性格がよく、ツンとした感じの方はいませんでした。
先生と自分との相性もあると思いますので、色々な先生のクラスを取ってみて自分に合う先生を見つけてください。


    更衣室に着替え専用の個室スペースはないので、オープンに着替えをする
日本やフィリピン、その他の国だと個別の更衣室が用意されていますが、中国は基本ありません。
ロッカーはもちろんあるので荷物はしまっておけますが、着替えはみんなのいる前でします。


    結構色々なクラスがあるが、アシュタンガやアドバンスレベルの難しいクラスはとても少ない

様々なスタジオのスケジュールを確認しましたが、ほとんどが初級~中級、特にリラックス系のヨガが多いです。
アドバンスのクラスと書いてあっても、内容は中級だったりします。
また、私が見たスタジオのなかにアシュタンガのクラスはありませんでした。


    季節、スタジオによっては教室が寒いところがある
西安は12月から「暖気(ヌワンチー)」という政府の集中管理の暖房が入りますが、それ以前だと教室によっては物凄く寒かったりします。
私が受けたスタジオのなかに1つ寒いところがあり、そのスタジオではヨガウェアの上に一枚Tシャツ、その上にパーカー、靴下を履いて始めましたが、それでも寒かったです。
リラックス系のヨガでしたが、寒すぎて全然リラックスできませんでした。
また、秋になると肌寒いので、どの教室でも最後のシャバーサナのときにブランケットをかけます。
ブランケットはどのスタジオにも用意されているので、持っていく必要はありません(衛生上の事が気になるのであれば、ご自分で準備するのがいいと思います)。


    どの教室も無料体験クラスがある
西安ではほぼ全ての教室が、初回の1回は無料でクラスに参加できるシステムになっています。
私も、今回色々なスタジオを回りましたが、お金は払っていません。

相性の良い先生がいたスタジオは、ドロップインでたまに顔を出そうと思っています。
スタジオによっては無料体験後のセールスがきついところもありますが、ほとんどの教室では無料体験をやったからといって入会を押し付けられることはありません。

 

以上が西安のヨガ教室のまとめです。

どの教室も、クラス中はおしゃべりすることもなく、携帯も持ち込まず、静かにレッスンをみなさん受けていました。

大きくスペースを使うようなポーズでは、お互いに配慮して少し移動して場所をつくったり、どの教室でも気持ちよくヨガできました(寒さ以外は)。

更衣室では、クラスが終わった後に中国語、もしくは英語ができる生徒さんは英語で「どこからきたの?」と話しかけてきてくれたり、基本的に優しい方が多かったです。

 

西安でローカルの教室に行くときには参考にしてみてください。

 

このページのトップヘ