ナチュラル生活1年生

7年の海外生活を経て、日本に戻ってきました。 今までのヨガ、中医の生活に加えて、体にも自然にも優しいナチュラルライフを少しずつ日本で取り入れていきたいと日々勉強しています。

タグ:改善

香港 夜景 まなみヨガ

ラストスパートで勉強も真面目に頑張っていますよ!

 

ところで、私の大学のクラスメイトの何人かは真っ直ぐ教壇の方を向いて字がかけません。

いつも身体をひねってノートも教壇に対して斜めの状態です。

クラスメイト17人中の3人がそういった癖を持っています。

 

こういう人たちは真っ直ぐに立ったとき身体が既に捻じれているので、字を書く時には身体を捻じって書かないと真っ直ぐに字が書けないことが多いようです。

 

ロシア人の女の子のクラスメイトが特に身体が捻じれているのですが、

「もう限界!休みを取らないと頭がおかしくなりそう!これ以上中国にいられない!」と、

学校を休んでこの間までしばらく旅行に行っておりました。

 

帰ってきたと思ったら、かなり体のバランスが改善されていました。

字を書く時も、黒板に向かって15度ほどしかズレていません。

前は40度くらいズレていたのに!

 

彼女は予定をたくさん詰め込み過ぎるタイプで、毎日忙しそうにしていました。

時間に追われて勉強もろくにできず、中国の環境にもなじめなくてカリカリしていました。

 

ところが今は顔の表情も柔らかくなり、以前より明らかに勉強に集中できています。

身体のバランスが整ったことで、精神的にも落ち着きを取り戻し、何をやるべきかしっかりと考えることが前よりもできるようになっているようです。

 

ストレスや疲れが溜まってくると、身体のバランスが崩れますが、バランスが崩れることによって思考や体調に影響が出ます。

 

彼女は旅行に出かけることで体力も回復し、リラックスすることで身体が緩み、自動的に骨格や筋肉のバランスが調整されたのでしょう。

 

彼女は全くそのことに気づいてないようですが、何はともあれ良い方向に改善されてよかったです。

中国語の勉強以外にも、他の国から来た学生の骨のつき方や身体の癖、行動パターンなど、大学生活はとても面白く、勉強になることばかりです!

 

現代人の多くの方は、体と心がバラバラになっていて、それが原因で色々な病気や体調不良、精神的な不安定さを引き起こしています。

 

多くの方は

 

体を心に従わせる

というのがあまり得意ではないようです。

 

例えば、

「本当はいい仕事をしたいのに、頭痛のせいで集中できない」

「旅行に行って楽しみたいのに、なんだかだるくて気力がわかない」

「健康に良くないとわかっているのにタバコがやめられない」

 

これらはすべて、体が心の言うことを聞いてくれないために起こっている事柄です。

体が自分の意思とは別に暴走してしまっている状態です。

この状態が進むと、体によってすべてが支配されることになります。

 

私のヨガのクラスには、体調不良を改善したくて来てくれている方もたくさんいます。

その方たちの大半は、心と体がバラバラになってしまったことで体の健康が損なわれてしまっています。

 

体と心がバラバラになってしまう理由は人それぞれですが、ヨガを通じて改善することは可能です。

体調不良が長い事続いてらっしゃる方には信じられないかもしれませんが、自分の体調をコントロールすることは可能なのです。

 

体調を悪くしようと思えば悪くできてしまいますし、良くしようと思えば改善できます。

多くの方は、知らず知らずのうちに体調を悪くするような姿勢や生活習慣のために体調が悪くなっているだけです。

 

コントロールの仕方さえ理解できれば、体調管理は意外と簡単です。

 

ヨガを通じて、

「体が硬い」「うまく動かない」「一部に突っ張りを感じる」状態から

「少しづつほぐれてきた」「動かすコツがわかってきた」「突っ張る感じがなくなってきた」という変化を感じながら

 

どうしたら自分の体を思い通りに動かすことができるようになるか、体のコントロール方法を少しづつ身に着けることができます。

そして、自分の体のコントロールができてくると、自然と健康になり、心と体のコントロールがよりしやすくなります。

 

もちろん、やみくもにヨガをやっていても上達しませんので、それぞれのポーズやその方の状態に合わせて、どこをどう意識するかが大切です。

ポーズをとっているときの意識の仕方によって、意識をしないときと格段に差が出ます。

 

極端な話、一日の半分の時間体調が悪ければ、人生の半分が楽しくなくなってしまいます。

ヨガを通じて、もちろんヨガ以外でも自分に合ったものが見つけられればそれを通じて、体に人生をコントロールされるより、自分自身でコントロールして、充実した生活をおくりましょう!

このページのトップヘ