ナチュラル生活1年生

7年の海外生活を経て、日本に戻ってきました。 今までのヨガ、中医の生活に加えて、体にも自然にも優しいナチュラルライフを少しずつ日本で取り入れていきたいと日々勉強しています。

タグ:怒りっぽい

中国人のケンカ まなみヨガ 西安

西安での生活もあと残り2週間。

色々と面白い出来事があったなぁと思い出しながら日本へのお引っ越し準備をしています。

 

こちらでは一度引っ越しをしたのですが、まだ最初に住んでいたお家にいた頃のこと。

あるときお隣に引っ越してきた比較的若い中国人のカップル。

この方たちが3日に1回くらいの頻度で真夜中にケンカをするんです。

 

いつも夜中の12時頃になるとすごい大きな声で言い争いが始まります。

酷いときは明け方3時とかから始まります...

 

とにかくものすごい声の大きさ。

普段から大きい声でしゃべるのに、喧嘩になるとさらに大声だからたまったもんじゃありません。

そのうち「ガシャーン」とか、「ダンっ」とか、「ドーン」「バターン」と何やら音が聞こえてきます。

どうやら物を投げ合ったり、物に当たりながら喧嘩しているようです。

 

アナナタチ、イマ一体何時かワカッテイルノ...

 

しばらく喧嘩をしたあと、決まって旦那さんがドアをバターンと乱暴に開けて出ていきます。

一時間くらいすると毎回帰ってきますが、冬とか寒い中どこにいってるんだろう?

と毎回不思議です。

 

まだ小さいお子さんも一人いるのですが、「子どもを起こさないように静かに喧嘩する」とかできないみたいで、いつも騒がしいです。

 

あまりにひどいので管理会社に苦情を入れようか真剣に考えて、その前に中国人の友人に相談してみることに。

 

「あー、中国ではよくあることネ!私も喧嘩のときは物を投げるヨ。

でも、高いものとか壊れやすいものは投げないようにしてるヨ。あはは~。」

 

えー!

マジですか...

 

「でも、後で片づけなきゃいけないし面倒くさくない?」と聞くと、

「うん、めんどくさいネ。めんどくさいけど、その時はそんなこと考えずに投げちゃうネ。」

 

私と話してるときはとてもおおらかな人なのですが、中国人同士で喧嘩となるとやっぱり日本人に接するのとはちょっと違うようです。

 

他の中国人の友達にも聞いてみました。

「あー、私の持ってるコンドミでも上の階の人毎晩喧嘩してるネ。中国ではよくあるヨ。頭おかしいネ。早く出て行ってほしいヨ。」と言っていました。

このお友達はいつも辛口です。

はっきりとモノを言うのが彼女のいいところですが笑。

彼女は物件をいくつか持っているので、今は別の物件をメインに住んでいるとのこと。

 

結構こういう風に派手にカップルで喧嘩をして物を投げる人は西安では多いようです。

ということで、管理会社に苦情を言うのはやめて、結局私たちが別のコンドミに引っ越しました笑。

 

中国人の人は怒りっぽいというか、喧嘩っ早い性格の人が多いのは食べ物や気候が関係しているのでどうしようもないところはありますね。

 

中医学的には、肝臓が疲れて本来の働きができないと体内の「気」が肩や頭に停滞しやすく、怒りっぽくなるとされています。

怒ることで上半身に停滞している「気」を発散させるように体が自然とバランスを取ってしまうのでしょうがないですね。

本人は「気」が上半身に停滞しているなんて全然気がつかないので、別の方法で「気」を発散させるということができず、身体のリアクションとして「怒って発散する」ようになってしまいがちです。

 

中国での生活は色々なことがありましたが、こうして日本以外の別の国に住むというのは新しい発見がたくさんあってとても勉強になります。

こちらに住んでいると、「騒音」なんて大した問題じゃないんだなぁと思ってしまいますし笑。

 

結局文句を言っても、

 

ココハ日本ジャナイデスカラー。

アナナタタチ何イッテルノ?

日本ノジョーシキハ通用シナイネ。

 

となるだけですので笑。

人間として寛大になれるというか、無理やりにでも大きくならざるを得ないというか

 

フィリピンに住んでいた時は、「家のドアを開けて大音量の音楽をかけ、夜通しパーティーしている下の階の人」とか、「明け方4時から向かいの広場で開催されるマラソンイベントのマイクテスト」とかありましたし。

それから「朝の6時の開店と同時に爆音のミュージックとともにパフォーマンスのダンスを踊り出すハンバーガーショップの店員たち」なんていうのもあったなぁ...

 

あの頃の私は、「安眠妨害じゃ~!常識を知らんのか~!」なんてまだまだ修行が足りていなかったなんてしみじみと思ってみたりして。

ところ変われば他の国でもそれはそれは色々です。

 

以前は私も「日本人基準」で色々と細かいことにピリピリしてしまっていましたが、フィリピンや中国、アメリカ、ニュージーランドなどその他の国を色々と見て、もっとおおらかになろう、何か問題や困難があればそれを乗り越えて大きくなるチャンスと前向きにあまりナーバスにならないように構えることができるようになりました。

だいぶ時間がかかったけど…。

 

中医学的にみても、イライラしたり怒ったりすることは血流を乱すとされ、血の温度も上げてしまうことになるので「血」に繋がり寿命を縮めることに直結します。

 

どんなことが起ころうと、どっしりとおおらかに構えていられるよう、勉強させられた海外生活でした。

ビーツ ニュージーランド名物 中医 まなみヨガ

ニュージーランドの名物の一つに「ビーツ」があります。

最近は日本でもこのビーツ出回っていますよね。

 

ビーツの主な生産地は、ニュージーランド、オーストラリア、オランダだそうです。

 

オークランドのスーパーで購入したものは3.5ドルくらい。

日本円だと270円くらいでしょうか。

日本で買うと倍くらいの値段します...

 

オークランド滞在中、同じ宿に泊まっていたドイツ人の女の子が共同キッチンでこのビーツをサラダに使っているのを見て、すごくおいしそうで早速私も真似しました笑。

 

ビーツは「スーパーフード」と呼ばれるくらい栄養価の高い野菜です。

「食べる輸血」と呼ばれるほど鉄分やミネラル、ビタミンが豊富なんです。

抗酸化作用のあるポリフェノールもふんだんに含まれています。

若返りが大いに期待できますね!

 

日本や中国ではあまりお目にかかることがないので、オークランドにいる間にできるだけ食べたい~。

こっちだと日本より安く手に入りますし、個人的にもビーツは大好きです~。

ということで、よくサラダに使っていました。

 

さて、中医学的にみるとビーツは「甘」、「微涼」の食べ物で「心」と「脾胃」を養います。

 

身体の解毒作用を手伝い、余分な体の熱を取り除いたり、消化を助けてくれます。

上に昇ってしまった気を降ろしてくれる作用があるので「怒りっぽい」方や、血の改善にも効果があるので「生理不順」「生理痛」改善にも良いです。

もちろん、貧血気味の方にもおススメですよ!

女性にはありがたい食べ物だと思います。

 

しかし身体を少し冷やす食べ物なので、冷え性の方はなるべく控えた方がいいと思います。

どうしても食べたい場合は、温かいスープにしたり、身体を温める作用のあるものと一緒に食べましょう。

 

そしてもう一つ注意事項!

ビーツを扱うときに洋服などに付かないように注意しましょう~。

鮮やかな赤い色が取れなくなります

 

バナナのポーズ 陰ヨガ 効果 まなみヨガ

バナナのポーズ
🍌

名前がかわいいですよね。

誰にでもできる簡単なポーズで、寝っ転がってやるのでしっかりとストレッチできます。

私のお気に入りのポーズでもあります。

 

このポーズ、やり方によって効く場所が変わってきます。

足を先に伸ばすと下半身の体側のストレッチがよく効きます。

手を先に伸ばすと上半身の体側のストレッチがよく効きます。

 

体側は胆のうの経絡が通っています。

胆のうは五行でいう「木」のエレメント。

最近怒りっぽいな、優柔不断で決断できないな、なんかストレス溜まってる~、生理不順だな、という方におススメですよ。

 

試してみてくださいね~!

 

知らず知らずのうちにエネルギーが身体に溜まってしまうことがあります。

敏感な方や、ストレスが溜まりに溜まると、その存在に気づくと思いますが、普段気にしていなければ気づかないことも多々ありますね。

 

このブログに、「エネルギー」「発散」などのキーワードでいらっしゃる方が結構いるので、皆さんストレス溜まっているのでしょうか?

 

エネルギーが体に溜まる原因は色々あると思いますが、多くの場合、主な原因は「ストレス」と「怒りの感情」だと思います。

また、運動不足や食べ過ぎなどでもエネルギーは停滞して、身体の中に溜まっていきます。

 

多くの場合、エネルギーは頭の方に溜まりやすいです。

怒るとき、内側から怒りの感情エネルギーがすごい勢いで込みあがってくるのを感じませんか?

「怒り」の感情は血液の温度を上昇させ、エネルギーも上昇させます。

なので頭がカッカと熱くなって顔も赤くなるんですね。

 

うまく発散できる方はいいですが、それを溜めこんでしまう方はエネルギーが体の外へ出ていくまでなんだか頭がすっきりしないはずです。

中医学的な見方をすると、一旦上昇した怒りのエネルギーは発散されないと頭や首にそのままそこでとどまってしまいます。

そして、首や肩が凝ったり、頭痛を引き起こしたり、悪い血が頭に溜まり顔色が赤または紫になったり、その人の顔つき自体を悪い方向に変えてしまったりします。

あまりにも強い怒りのエネルギーは脳の血管を切ってしまったりするので非常に危険です。

 

また、特に怒りのエネルギーが発散できない方は中医学的にみると「肝」の解毒機能がかなり消耗して正常に機能していない可能性があります。

「肝」は“気の流れをコントロールする機能“と”解毒“という大切な役割があります。

「肝」が正常に機能していないと、気が上昇し、血が汚れることにつながると中医学では考えます。

なので、「最近怒りっぽいな」と思う方は、肝臓を労わってあげるといいですよ。

 

エネルギーは原動力の源となりますが、鬱滞しているエネルギーはよくありません。

川の流れと一緒で、常に身体の内から外へ流れ、また新たに作り出されたフレッシュなエネルギーを使うのがいいんですね。

流れが滞ると川の水が濁って淀んでしまうように、古いエネルギーが体に溜まりすぎると逆によくありません。

 

人それぞれ溜まってしまったエネルギーの発散方法は様々ですが、運動は手っ取り早くておススメです。

カラオケもいいですね。

 

私はいつも大量の汗をかくくらい思いっきりハードにヨガをしてシャワーを浴びるとスッキリします。

でもなかにはリラックス系のヨガをした方が心が穏やかになりストレスもなくなるという方もいらっしゃいます。

色々と試して自分なりの発散方法を探してみてください。


 

このページのトップヘ