ナチュラル生活1年生

7年の海外生活を経て、日本に戻ってきました。 今までのヨガ、中医の生活に加えて、体にも自然にも優しいナチュラルライフを少しずつ日本で取り入れていきたいと日々勉強しています。

タグ:原因

ほうれん草 塔立ち3 函館 市民農園

2週間ほど前の話なのですが、寒くなったかとおもったら急にあったかくなるといった不安定なお天気が続いた函館。

日によっては最高気温が12℃だったり。

この時期で低すぎでしょっ!

 

「こんなお天気が続くと、畑の野菜で塔立ちするものが出てきそうだな~」

なんて思っていたら、

やっぱり塔立ちするものが出てきました。

 

晩御飯用にと6株収穫したほうれん草。

その日のうちにお味噌汁になりましたが、そのうち3株が小さな花芽をつけていました。

 

ということで、次の日にはほうれん草撤収!

ぱっと見ただけでは異常がないように見えますが...

やっぱり半分くらいの株で塔立ちの準備が始まってました。

小さな花芽があるでしょ。

ほうれん草 塔立ち1 函館 市民農園
 

この花芽が大きくなって花を咲かせるのですが、だんだんと硬くなっておいしくなくなるので、塔立ちの準備を始めたらすぐに撤収します。

大量のほうれん草は茹でて冷凍庫へ。

塔立ちの準備を始めているので、おすそ分けするには心苦しいんです...

この間の鰯に加えその前に釣ったカレイやソイなどのお魚もあって、そこにほうれん草が追加されてもうほんとに冷凍庫パンパン!

 

実は塔立ちが始まったのはほうれん草の第2弾だけで、第1弾のほうれん草は相変わらず元気でした。

葉物野菜は他に小松菜や春菊などあるのですが、塔立ちの準備はしていないようです。

小松菜 塔立ち1 函館 市民農園
 

なんでほうれん草の第2弾だけ??

第一弾のほうれん草はもう株がしっかりと成長して、収穫サイズの元気な株ばかり。

旦那さんが収穫しているのが残り少ない第一弾のほうれん草です。

(ホウレンソウの脇でふさふさしているのはパクチーですよ。)

ほうれん草 塔立ち2 函館 市民農園
 

虫食いもなく、スクスクと元気に育ってくれました。

大きさもまだ成長途中の第2弾とは違って大きいです。

 

ちなみにお隣の畑のサイトウさんのほうれん草も塔立ちせず立派です。

この間おすそ分けでたくさん頂いたのですが、大きく立派に育っていて、花芽もついてませんでした。

お隣のサイトウさんは野菜作りの先輩として色々親切にアドバイスしてくださるので頼りにしている方です♪

畑以外でもお家に遊びに行ったり、仲良くさせてもらってます。

 

うーん、今回の塔立ちで考えられる理由は株がちょうど成長期に入った時期に天気と温度が不安定だったことでしょうか。

ほうれん草の第2弾はちょうど収穫サイズに向けて頑張って伸びている途中でした。

ということは、まだまだ小さいうちや収穫サイズにまで成長した株は大丈夫だけど、成長期の不安定な株は気温や天候の変化が激しいと塔立ちしやすいのでしょうか?

今後も経験を重ねて色々と考察していこうと思います。

 

野菜の栽培はまだ一年目なので疑問ばかり。

でも、色々相談できる畑友達にも恵まれて、たとえ失敗しても楽しいです。

うまくできなくても、畑の恵みはありがたく頂きますよ~。


たまに生徒さんから「どうして??」と聞かれる質問です。

いつかブログに書こうと思ってましたが、動画の方が分かりやすいのでYouTubeでアップしました!

 

もちろん、ここで説明した「首と肩の力み」以外の原因もありますよ。

ただ、私の経験上この「首と肩の力み」が一番多い原因だと思います。

 

「首と肩のリラックス」少しづつ意識してみてくださいね!

ヨガの生徒さんに「朝ベッドから起きて歩くときに足の裏が痛くてしょうがない」という方がいらっしゃいました。

おそらく「足底筋膜炎(そくていきんまくえん)/足底腱膜炎(そくていけんまくえん)」でしょう。

足底筋膜炎が起こる原因は足の裏にある筋肉を覆っている「筋膜」というのがあるのですが、それらが疲労して硬くなってしまい、炎症を起こすためです。

 

足底筋膜炎の症状は以下です。

 

・朝起きた直後歩くと足裏が痛いが、時間がたつと症状が和らぐもしくは痛みが消える。

・しばらく座った後、動き始めるとまた足の裏の痛みが再発する。

・痛みが出るのは足の裏の踵前のほうと、足の指の付け根土踏まず寄り(母指球の下)。

 

その方はフラダンスを一生懸命習っていました。

そして、お仕事は基本的に立ち仕事です。

おそらく、頑張りすぎて足裏の疲労がピークに達してしまったと予測されます。

 

実は私も過去に一度同じように足底筋膜炎をやっています。

本当に、足裏がしびれて痛いんです。床に足裏をついて、体重がかかるときと床から足が離れる時が痛いんです。

その当時、私は駅伝の練習で毎日のように長距離を走っていました。

当時は何の知識もなく、痛みも軽かったので、「何で痛いんだろう?冬だから寒さのせいかな?」などと考えているうちに症状は解消されました。

 

今振り返って考えると、間違いなく足底筋膜炎を起こしていたと思います。

若かったので回復力があったのと、ちょうど駅伝の大会が終了して練習もしなくなったので症状は消えたのでしょう。

 

足底筋膜炎は足の裏の筋肉を酷使することにより、疲労がピークに達して起こります。

特に、足に強い振動を加えると発症しやすいようです。

したがって、陸上選手や剣道、ラグビーなどをやっている方に多く発症しているようですね。


 

ヨガのポーズでも控えた方がいいものがありますので、ご自分の先生と相談しながらプラクティスしてくださいね。

ちなみに予防方法としては、足の裏のマッサージが効果的です。

長時間立ちっぱなしの状態や、運動で疲労した筋肉をほぐしてあげましょう。

ただ、痛みやしびれが既に出ている場合はマッサージは逆効果になります。

 

症状が出てしまったら、一度お医者様に相談するのが一番ですので、放置せず、最寄りの病院へ行ってくださいね。

 

食後、ものすごく眠い!!ことありませんか?

 


「仕事も手につかないほど午後眠くてしょうがない」
「会議中に眠気が我慢できない」
「コーヒーやカフェインをとっても眠気が収まらない!」

という声をオフィスで働いてらっしゃる方からよく聞きます。

私も会社員時代たまにありましたよ。

あれは本当に辛いですねー。眠気だけはどうにもできません。

 


その時はどうしてそんなに眠たくなるのか理由はわからなかったので、眠くなったらアンラッキーとしか考えていませんでした。

でも今なら理由がわかりますし、眠くならないようにコントロールもできますよ。

 


色々な理由があると思いますが、

食べ過ぎや炭水化物の摂りすぎで眠くなる方がたくさんいらっしゃいます。

 


 


以前のエントリー「なんでヨガ前に食事しちゃダメなの??」でも書きましたが、血液は食べ物の消化中は内臓に集中します。

あまりたくさん食べると、よりたくさんのエネルギーを消化に必要とするため、血液もそれだけ多くお腹へ集中します。そうすると、脳やその他の部分への血液量が減少し、足りなくなる可能性があります。

脳の血液が足りなくなると、軽く貧血状態になり眠くなります。

 


食事量の多いピッタの性質の方は、食後に眠くなりやすいですね。

 


炭水化物をたくさん摂取した場合は、糖質やインスリンも関係してくるのですが、今回は説明を省きます。

よく、少し体を動かすとよいといいます。一時的には血行が良くなり意識がはっきりとしますが、血がまた内臓へ戻ってしまうので結局あまり効果がないことが多いです。

コーヒーも効くかきかないかは個人差があります。私の場合はあまり効きません。
ガムをかむ対処法は比較的効果が高いと思います。

もちろん、オフィスで仕事中はガムがかめないと思いますし、絶対に効く対処法はありませんのでそもそも眠くならないように食お昼ご飯のべ過ぎに気を付けるのが一番です。

 


事務仕事の方や、大事な会議が控えているときは特に注意して、普段眠くなりやすい方はあまりお昼を食べ過ぎないようにすることをおススメします。

 


ただ、糖尿病などの初期症状として食後の眠気がひどい場合もあります。

食事の量を減らしてみても改善されない場合は一度お医者さんに相談してみてくださいね。

ヨガの生徒さんから本当によく聞かれる質問があります。

それは、「部分痩せしたい!どうすればいいですか?」です。

 

「腕のプルプルした脂肪をどうにかしたい!」「太ももだけいつも脂肪が落ちない!」

こういった悩みが特に女性に多いようです。

 

なぜ部分的に脂肪が落ちない、もしくは脂肪がつきやすいのか考えたことはありますか??

 

それは、

 

その部位が冷えやすく、代謝が悪いのが原因です!!

 

 

つまり、その部分が何らかの理由で血行が悪いのです。

 

部分痩せしたい部位がある方は一度考えてみてください。

その部分だけ他に比べて冷えませんか?

 

例えば私の場合、冷房の効いた部屋にTシャツとサンダルで入ると、一番初めに冷えるのは二の腕です。そして次に足の指先が冷たくなります。

自分自身、そんなにすぐに脂肪がつくタイプではありませんが、太り始めるときはいつも二の腕から太り始め、脂肪が落ちだすといつも二の腕が最後に落ちます。

 

ということは、私の場合、なぜか二の腕の血行がよくないということです。

 

ここで少し補足がはいります。

 

その脂肪がついている場所の血行を悪くしている原因部位または生活習慣がある!

 

 

体は全て繋がっています。

 

二の腕部分の脂肪が気になる方、肩こりなどもありませんか??

太ももがちょっと太すぎるわぁとお悩みの方、普段歩いていなかったり、座ったままの生活じゃないですか?もしかしたら腰痛もあるかもしれません。

 

部分痩せしたい箇所にだけついつい目が行きがちですが、そこの脂肪を落とすにはまず原因となっている部分や行動を突き止めなければなりません。

 

多くの場合、例えば二の腕が気になる方は肩の血行が悪くなり、肩こりの症状が起こります。その先にある腕の血行も肩の血行が悪くなった影響を受け、滞りがちになります。そしてその結果、脂肪がついてしまっていることがあります。また、別の個所のリンパなどが原因となっている場合もあります。

 

原因は人それぞれですので、一度ご自身で振り返りながら考えてみてくださいね。

もし私のクラスを取ってらっしゃる方がいれば、クラスが終わってからでも気軽に声をかけてください。一緒に体を見ていきましょう。

 

 

昨日、友人と夜遅くまでレストランで食事をしながら話していたのですが、家に帰ったら足がものすごく浮腫んでいることに気づきました。もうパンパンです!張りすぎて足が痛い程でした。

 

私は血行はいいほうなので、めったに足は浮腫みません。

自分でも、どうしてあんなに浮腫んだのか不思議でした。

 

レストランで話をしていたのは4時間。お酒は飲んでいません。

家を出る直前に支度をして出かけたのですが、何がいけなかったんだろうと今日の朝考えていました。

 

はっと気が付いた原因は「靴下」です。

レストランの冷房対策で足を冷やさないように靴下をはいていったのですが、どうやらゴムの締め付けがきつくて私には合わなかったようです。

履いているときはそんなにきついとは感じなかったのですが、現に足がパンパンになってしまったので相性が悪いのでしょう。

 

念のため、今日も同じ靴下をはいて買い物に2時間出かけてみました。

帰ってきて確認したら、やはり足がむくんでいます。

新しく買ったばかりの靴下で、デザインもかわいいので気に入っていたのですが…。残念です。

 

靴下だけでなく、体に合わない靴やズボンはいくらデザインが気に入っていても、あまりにも体にとって悪影響が出る場合はさよならする勇気も必要かもしれません。

 

前回の続きです。
踵のガサガサはどうしたら良くなる? その2

2.    冷え

中医では「冷え」は「腎」にとって大敵です。

「冷え」が身体に入ってくると、「腎」が衰えます。

「腎」は「腎臓」「膀胱」「子宮」などともリンクしていますので、体を冷やすとそれらの器官が弱っていきます。

「腎系列の臓器が弱る→腎系の反射区は足のかかとにあるのでそこに老廃物が溜まり、サインとして現れる」パターンですね。

 冷房の効いた室内でのデスクワークや、冷たい飲み物、身体を冷やすサラダなどは気を付けましょう。

「腎」が弱ると老化にもつながりますので、いいことはありません。

 

3.    普段の生活習慣からくるもの。

運動不足やストレスがこれに当たります。

脚の筋肉はあっという間に衰えます。

普段「座りっぱなし」や「車ばかりの生活」が多く、足を動かしていないと筋肉が衰え、血液を心臓までポンプして戻す機能が低下し、結果老廃物が身体の一番下の部分、足に溜まってしまいます。
また、腎臓や膀胱、子宮に関連する経絡は脚の裏側や内側に通っています。
座りっぱなしの生活ではそれらの経絡が圧迫されたままで流れが滞ってしまいます。

また、「ストレス」は中医学でいうと「気」の流れを乱します。
結果、やはり反射区で身体の一番下の部分にある踵に老廃物が溜まり、ガサガサになったり腫れたりします。



足の裏、チェックしてみてくださいね。

自分の足の裏はノーマークな方も結構いらっしゃるようで、改めて足裏を確認し
「こんなにガサガサなっていたっけ?」
「なんか親指が内側に曲がって変形している!」
とびっくりされる方もたくさんいらっしゃいます。


ガサガサになっていたり、押すとゴリゴリいっていたり痛みを感じたら体からのサインです。
何が原因になっているのか一度ご自分の日常を見直してみてくださいね。

違和感を感じる靴を履いていませんか?

デスクワークの方は一日中座りっぱなしになっていませんか?

気が付いたときにストレッチくらいできますよね?

 

心やお肌に潤いが必要なように、足もケアしてあげましょう。

毎日5分だけでもいいんです。

アンチエイジングだと思って自分をケアしてあげましょう。

私の場合はテレビを見ながら足を揉んだり、毎日お風呂で7分程度足を揉んであげています。

湯船にゆっくり浸るのも効果がありますよ。

あまりガサガサがひどいときはクリームを使って念入りに足を揉んであげましょう。足だけでなく、ふくらはぎから膝の上まで全体的にもんであげるとリンパや血液が流れやすくなります。

 

足の裏は普段気きしない方も多いですが、自分の身体ですからしっかりと労わってあげてくださいね~。

 


その1の続きです~。

踵のガサガサはどうしたら良くなる? その1 

さて、踵がガサガサになる、もしくはしこりができる原因は様々ですが、大まかに3つ挙げられます。

順番にみていきましょ~。

1.    履いている靴が合わない。

これは女性にかなり多いです。
自分に合っていない靴を履くことによって足の血流が滞ります。
そのため踵がガサガサになり、それにつられて子宮、睾丸などの生殖器が弱くなることが多いです。
「足の血流悪化→対応する器官への悪影響」というパターンですね。


こういう方は、肩こり、冷え性、便秘、生理痛などの症状もある場合が多いです。
特に女性が履くヒールの高い靴は足にかなり負担がかかります。

足は本来、足の裏3点もしくは4点を起点として体全体を支えています。
ヒールを履くとこのバランスが崩れ、
1点もしくは2点で体を支えることになります。

そうすると、今まで34点で分散されていた力が一気に12点に集中してかかってきます。
そうなってしまうと集中して体重がかかる部分の負担が増え、疲れてしまいます。

今までの
23倍の仕事量をこなして体重を支えないといけないので、それは大変ですよね。
その結果、疲れ切って正常に機能せず、老廃物が溜まってガサガサになってしまうのです。
つまりガサガサとは老廃物が非常に溜まった状態なんですよ。

ガサガサは非常に溜まっている状態ですが、ガサガサじゃなくても踵を少し強く押しながら指を動かすとゴリゴリするというパターンもあります。

これも老廃物が溜まっている証拠です。
老廃物を流さずにそのまま放っておくと踵がそのうちガサガサになります。



次で最後です。
踵のガサガサはどうしたら良くなる? その3



このページのトップヘ