ナチュラル生活1年生

7年の海外生活を経て、日本に戻ってきました。 今までのヨガ、中医の生活に加えて、体にも自然にも優しいナチュラルライフを少しずつ日本で取り入れていきたいと日々勉強しています。

タグ:冷え

ヨガの生徒さんから本当によく聞かれる質問があります。

それは、「部分痩せしたい!どうすればいいですか?」です。

 

「腕のプルプルした脂肪をどうにかしたい!」「太ももだけいつも脂肪が落ちない!」

こういった悩みが特に女性に多いようです。

 

なぜ部分的に脂肪が落ちない、もしくは脂肪がつきやすいのか考えたことはありますか??

 

それは、

 

その部位が冷えやすく、代謝が悪いのが原因です!!

 

 

つまり、その部分が何らかの理由で血行が悪いのです。

 

部分痩せしたい部位がある方は一度考えてみてください。

その部分だけ他に比べて冷えませんか?

 

例えば私の場合、冷房の効いた部屋にTシャツとサンダルで入ると、一番初めに冷えるのは二の腕です。そして次に足の指先が冷たくなります。

自分自身、そんなにすぐに脂肪がつくタイプではありませんが、太り始めるときはいつも二の腕から太り始め、脂肪が落ちだすといつも二の腕が最後に落ちます。

 

ということは、私の場合、なぜか二の腕の血行がよくないということです。

 

ここで少し補足がはいります。

 

その脂肪がついている場所の血行を悪くしている原因部位または生活習慣がある!

 

 

体は全て繋がっています。

 

二の腕部分の脂肪が気になる方、肩こりなどもありませんか??

太ももがちょっと太すぎるわぁとお悩みの方、普段歩いていなかったり、座ったままの生活じゃないですか?もしかしたら腰痛もあるかもしれません。

 

部分痩せしたい箇所にだけついつい目が行きがちですが、そこの脂肪を落とすにはまず原因となっている部分や行動を突き止めなければなりません。

 

多くの場合、例えば二の腕が気になる方は肩の血行が悪くなり、肩こりの症状が起こります。その先にある腕の血行も肩の血行が悪くなった影響を受け、滞りがちになります。そしてその結果、脂肪がついてしまっていることがあります。また、別の個所のリンパなどが原因となっている場合もあります。

 

原因は人それぞれですので、一度ご自身で振り返りながら考えてみてくださいね。

もし私のクラスを取ってらっしゃる方がいれば、クラスが終わってからでも気軽に声をかけてください。一緒に体を見ていきましょう。

 

 

皆様お久しぶりです!
マニラの方々もお元気ですか?

さて、日本ではヨガクラスは少しセーブしておりますが、引き続き日本にいる皆様とヨガを楽しんでおります。

日本に戻ってきて気づいたことの一つに、街を歩く人たちの姿勢の悪さがあります。
特に女性!合わない靴のせいで踵から血が出てしまい、絆創膏を貼っている足で無理して歩いていたり、高すぎるヒールのせいでぎこちない歩き方になっていたり。
合わない靴で歩くことにより体に変な負担がかかり、歩く姿勢がおかしくなっています。

また、足がむくみ、特に踵がガサガサです~!

踵は骨盤や子宮と繋がっています。踵がガサガサになるということは、骨盤や子宮も硬くなり、冷えてしまうということです。
生理不順や生理痛、無月経、不妊にもつながります。
また、男性の場合、精子量の減少や勃起不全に関係してきます。
男性に関しては、ガサガサになる方より、生殖器につながるツボの部分にしこりができていたり、そこを押すと鋭い痛みが走ったりします。
男性の場合は靴が合わなくてというよりは、別の事柄が原因となっているようですね。

踵がガサガサになるとどうなるのか?

どうして踵がガサガサになるのか?

色々と理由はありますが、大きくは「冷え」「合わない靴を履いている(歩き方)」「運動不足」「ストレス」が原因となっていることが多いです。



足には体の「反射区」という面があります。これが点になると「ツボ」です。

反射区 足裏

(画像はネットからお借りしました。)


この、大きなエリアが「反射区」で、「ツボ」はそれとは別に“点”で存在します。

 

足の裏には様々な神経や経絡が張り巡らされており、それぞれが内臓や肩、首などと繋がっています。

足が柔らかく、弾力があると老廃物も溜まらず、スムーズに各部所が機能しているということです。

しかし、足の一部がガサガサになったり、ぱんぱんに腫って痛くなったり、魚の目ができていると、その部分に対応している臓器や器官は正常に機能していない場合があります。
老廃物が溜まっているから皮膚が厚くなったり、ぱんぱんになるんですね。

肩の反射区に反応が出ていれば肩こりがひどかったり、胃の反射区だと食べすぎや胃痛などの症状があるはずです。

 

ヨガのクラスにいらっしゃる生徒さんの足を何気なく観察すると、異常がある部分が必ず足に反映されています。私が足つぼや経絡に興味を持ち、ヨガと合わせて取り組んでいる理由もそこから来ています。

 

その2に続きますね。
踵のガサガサはどうしたら良くなる? その2 


このページのトップヘ