ナチュラル生活1年生

7年の海外生活を経て、日本に戻ってきました。 今までのヨガ、中医の生活に加えて、体にも自然にも優しいナチュラルライフを少しずつ日本で取り入れていきたいと日々勉強しています。

タグ:体調不良

日本滞在中のプライベートレッスンで

「私、汗がかけないんです。どうやっても全然汗が出なくて、すごく冷え性なんです。
また、便秘もひどくて…。」

という30代後半の女性の方がいらっしゃいました。

 

試しにヨガをやりながら体を見てみると、本当に全く汗が出ません。

普通であれば汗が出るようなシークエンスを行いましたが、全く汗が出ないのです。

ヨガ後の顔は白く、お肌はサラサラです。

 

その方は、別に体がガチガチに硬くなっているわけでもなく、柔軟性もあり、ポーズもすんなりと取っているので、それなりに筋肉も動いています。

 

これは体のサインとして良くないことが起きているということですので、さらに詳しくお話を伺ってみました。

 

その方の症状をまとめると

・極度の冷え性で、プライベートでは絶対に冷房をつけない。
 冷房の効いている会社では夏でも常に厚着。

(今年の夏の猛暑でも自宅では冷房なしでちょうどいいとのこと)

・運動はしたいが、仕事が忙しくできていない状態。

・むくみがひどい。特に脚全体。

・便秘がひどい。

(下剤を飲んでも出ないので、続けて何錠か飲まないと出ない)

・時々膀胱炎になる。

 

こういった状況がもう何年も続いているとのこと。

 

足のむくみと冷えがひどいとのことでしたが、ハムストリングも硬くなく、股関節の稼働も問題ありません。

 

これだけ体が問題なく動くのに、上記の症状があるという事は、思い当たる原因は1つしかありません。

 

試しに食生活やその他もう少し聞いてみました。

 

・普段何を飲みますか?

・水分補給はどの程度しますか?

・果物は好きですか?

・甘いものやお菓子は食べますか?

・普段、どういう食事内容ですか?

・減塩の食事をしていますか?

・お風呂は湯船ですか?シャワーですか?

 

話を聞いた結果、やはり

 

塩不足が原因による体の内部の冷え

 

でした。

 

一時、塩は体に悪いという間違った認識から減塩がよく叫ばれていましたが、人によっては塩が足りなくて不調を引き起こす方もいらっしゃるのです。

 

特に、体が冷えている方は体を温める効果のある塩が足りていないことが多いです。

塩は胃で消化液となり、腸では蠕動運動を助けます。

その他にも、塩は人間の生命活動に不可欠なものですので、塩が足りなくなると生命活動自体低下してしまいます。

 

生命活動自体が低下してしまうので、原因不明、もしくはよくわからない体調不良が続くのです


例えば、

 

・体がだるい

・朝起きるのがつらい

・やる気が起きない

・疲れやすい

・めんどくさがりになる

・便秘、下痢

・体がふらつく、めまい

・すぐに風邪を引く

・ひどい肩こりや腰痛

・膀胱炎、頻尿、尿の出が悪いなどの泌尿器系のトラブルや悩み

 

これらの症状は、「これが原因!」というものがなく、「ストレス」「もう歳だから」などという言葉で片づけられることが多いです。

また、「私はそういう体質なのよ」と思い込んでいる方々もいらっしゃいます。

したがって、「塩不足が原因」だとは多くの人は気づきません。

 

ちなみに、私のクラスを受けた女性の方は、食事にはものすごく気を使って、健康に良いものを食べていましたが、身体内部の冷えと塩不足で胃と腸の動きが鈍っていたため、せっかく体にいいものを食べても、それをきちんと栄養として取り入れることができない状態になっていました。

 

まずは、食事をとる際に塩を補給しましょう!

ただし、精製された塩ではなく、岩塩などの自然塩を使ってくださいね。

摂りすぎた塩は、尿で出ていくので大丈夫ですよ。

 

そして、体、特にお腹を温めること!

温かい飲み物(白湯をおススメします)を飲んだり、腹巻をしてお腹を温めましょう。

 

フルーツなどは確かに健康に良いのですが、あまり食べ過ぎると体の中の塩が相対的に減ってしまいますし、体を内側から冷やす食べ物ですので、塩を振りかけて食べるとか、温かい飲み物と併せて摂るなどの工夫をしてくださいね!

 

とにかく、体を温めることがまず基本ですよー。

 

現代人の多くの方は、体と心がバラバラになっていて、それが原因で色々な病気や体調不良、精神的な不安定さを引き起こしています。

 

多くの方は

 

体を心に従わせる

というのがあまり得意ではないようです。

 

例えば、

「本当はいい仕事をしたいのに、頭痛のせいで集中できない」

「旅行に行って楽しみたいのに、なんだかだるくて気力がわかない」

「健康に良くないとわかっているのにタバコがやめられない」

 

これらはすべて、体が心の言うことを聞いてくれないために起こっている事柄です。

体が自分の意思とは別に暴走してしまっている状態です。

この状態が進むと、体によってすべてが支配されることになります。

 

私のヨガのクラスには、体調不良を改善したくて来てくれている方もたくさんいます。

その方たちの大半は、心と体がバラバラになってしまったことで体の健康が損なわれてしまっています。

 

体と心がバラバラになってしまう理由は人それぞれですが、ヨガを通じて改善することは可能です。

体調不良が長い事続いてらっしゃる方には信じられないかもしれませんが、自分の体調をコントロールすることは可能なのです。

 

体調を悪くしようと思えば悪くできてしまいますし、良くしようと思えば改善できます。

多くの方は、知らず知らずのうちに体調を悪くするような姿勢や生活習慣のために体調が悪くなっているだけです。

 

コントロールの仕方さえ理解できれば、体調管理は意外と簡単です。

 

ヨガを通じて、

「体が硬い」「うまく動かない」「一部に突っ張りを感じる」状態から

「少しづつほぐれてきた」「動かすコツがわかってきた」「突っ張る感じがなくなってきた」という変化を感じながら

 

どうしたら自分の体を思い通りに動かすことができるようになるか、体のコントロール方法を少しづつ身に着けることができます。

そして、自分の体のコントロールができてくると、自然と健康になり、心と体のコントロールがよりしやすくなります。

 

もちろん、やみくもにヨガをやっていても上達しませんので、それぞれのポーズやその方の状態に合わせて、どこをどう意識するかが大切です。

ポーズをとっているときの意識の仕方によって、意識をしないときと格段に差が出ます。

 

極端な話、一日の半分の時間体調が悪ければ、人生の半分が楽しくなくなってしまいます。

ヨガを通じて、もちろんヨガ以外でも自分に合ったものが見つけられればそれを通じて、体に人生をコントロールされるより、自分自身でコントロールして、充実した生活をおくりましょう!

洞爺湖 ヘッドスタンド まなみヨガ

シャバーサナの続きの前にちょっと一息。

 


 


昨日がマニラでのヨガクラス最終日でした!

皆様とのヨガクラス、本当に楽しかったです!ありがとうございました!

 


一人一人の体はやはり違いますね。ヨガ初心者の方で、とても健康でかなりハードなヨガをできてしまう方もいらっしゃれば、体に不調があってそれがきっかけでヨガを始められる方もいます。

また、もともと体が柔らかい方もいらっしゃれば、スポーツを頑張ったために体が硬くなってしまった方もいらっしゃいます。

 


私も、みなさんとヨガを通じて新たな発見がたくさんあり、体についてさらに学ぶことができました。

色々とご自分の体についてかなりオープンに詳しく教えて頂いたおかげで、自分にはない症状の方の辛さや特徴など、かなり参考になりました。例えば腰痛持ちの方や、生理痛がひどい方、また首から肩にかけてカチコチに固まってしまう方など、以前より理解を深めることができましたし、そういう症状がある方たちに共通する体の使い方の特徴や弱い部分が以前よりもクリアになりました。みなさんがオープンに教えてくださったおかげで、一定の症状に対する弱い部分の効率的な鍛え方、改善の仕方など、的確なわかりやすいインストラクションができるようになったと思っています。

 


みなさんもご自分の体について理解を深めて頂けましたでしょうか?

ヨガを通じて少しでもヨガの楽しさ、ご自分の体への理解を深め、いたわってもらえればなぁと思います。

特にマニラにいらっしゃるみなさんはドライバーさんがいる方が大半なので、意識して腸腰筋使ってくださいね!私がいつもクラス中に言っていることを思い出しながら、引き続きヨガを続けてくださいねー。

 


しばらくマニラを離れますが、またパワーアップして戻ってきますので、その日まで、もしくは可能な方は日本or西安でぜひまたヨガしましょう!

 


お手数ですがブログをチェックして頂ければ、タイトルの下のほうに大まかな予定が書いてありますので、タイミングが合えばぜひ連絡ください。

 


このページのトップヘ