ナチュラル生活1年生

7年の海外生活を経て、日本に戻ってきました。 今までのヨガ、中医の生活に加えて、体にも自然にも優しいナチュラルライフを少しずつ日本で取り入れていきたいと日々勉強しています。

タグ:中国人

西安 日本人 送別会1

もう既に日本に戻ってきています。

現在は浜松の旦那さんの実家にお世話になっています。

 

西安で一番仲のいいお友達の王(wan)さん。

この日は送別会でご馳走してもらっちゃいました。

 

西安に住み始めたばかりの頃、旦那さんと家の近くのお店で食事をしながら日本語で話していたら突然、

「アナタタチ、ニホンジンデスカ??」

と声をかけられたことからお友達になりました。

 

「ワタシ日本人ノ友達ズーット欲しかったネ!西安ニハ日本人イナイネ!」

 

そうなんです、西安は全然日本人いないんですよ~。

中国の他の大都市に比べて圧倒的に比率が少ないです。

噂では200人くらいとか??

 

王さん以外にも、ちょくちょく色々な方に声をかけられます。

例えば、美容院で本を読みながら順番待ちしていたとき。

じーっと視線を感じると思ったら、

「それ日本語の本?」

と話しかけられました。

 

その方とは今もお友達で、日本食が大好きという史さん。

彼女は博学で、西安についてのこと、他のエリアとの違いなど色々と教えてくれます。

 

また、カフェで日本人の知り合いの方とオーダーする際に日本語でしゃべっていたら、たまたま前回来た時に私の顔を覚えていたオーナーさんが

「アナタ、日本人ダッタノ??」

と声をかけてくれたり。

 

「なんで日本語だとわかるの??」と聞くと、

オーナーさんの彼女が日本文化が好きで、日本語を大学で勉強しているとのこと。

だから、日本語はなんとなーくわかるみたい。

それからというもの、とても親切にしてもらっています。

 

もちろん、観光地で「ニホンジンデスカ?」なんて話しかけられたらこちらも警戒しますが、観光地とは関係ないところで日本に興味を持っていただいてる方からちょくちょく話しかけられるのは、日本人としてうれしいことです。

 

最近は日本に関心を持っている中国の人は多いので、日本語が多少わかる方もたくさんいるようです。

 

西安では別に日本人だからという理由じゃなくても気軽に話しかけられることが多々あります。

バス待ちをしていると、「あなたのその洋服どこで買ったの??」とか、

フードコートでご飯を食べていると「それ美味しそうだね~!どこの店の料理?」とか。

 

気になることはグイグイ聞いちゃう中国人、かわいいですね。

 

あれ?話がだいぶそれましたが。

この王さん、本当にいい人で、「美味しい食べ物が好き」という共通の興味もあって、一緒にサクランボ狩りに行ったり、色々美味しいものを教えてもらったり、楽しい時間を一緒に過ごした大切な友人です。

 

いつも色々と美味しいものをたくさんおすそ分けしてくれる王さん。

この日も、パッションフルーツと王さんのお母さんが育てている鶏の卵をたーくさん頂きました!

西安 日本人 送別会2

もっと色々日本へのお土産にくれると言ってきかなかったのですが、そんなに食べれないし、もうスーツケースもパンパンだからっ!となんとかなだめました笑。

 

「ずーっとこっちにいればいいの二。寂しくなっちゃうネ。」

とありがたいことを言ってくれます。

 

大晦日も一緒に過ごそうと誘っていただいたのですが(日にちが前後してますが、王さんとの送別会は大晦日前でした)、他のお友達との先約があったため、ちょっと早めの送別会です。

 

王さんの他にも西安ではとても良いご縁にたくさん恵まれ、多くの方に親切にして頂きました。

西安の皆様、ありがとうございました。

 

西安を離れると言っても、今後も一年に12回は戻ってきます。

西安のいいところ、まだまだたーくさんあるのですがブログにアップしきれず。

また気が向いたとき、もしくはちょこちょこ戻ってきたときにアップしようかな~と思ってます。

中国人のケンカ まなみヨガ 西安

西安での生活もあと残り2週間。

色々と面白い出来事があったなぁと思い出しながら日本へのお引っ越し準備をしています。

 

こちらでは一度引っ越しをしたのですが、まだ最初に住んでいたお家にいた頃のこと。

あるときお隣に引っ越してきた比較的若い中国人のカップル。

この方たちが3日に1回くらいの頻度で真夜中にケンカをするんです。

 

いつも夜中の12時頃になるとすごい大きな声で言い争いが始まります。

酷いときは明け方3時とかから始まります...

 

とにかくものすごい声の大きさ。

普段から大きい声でしゃべるのに、喧嘩になるとさらに大声だからたまったもんじゃありません。

そのうち「ガシャーン」とか、「ダンっ」とか、「ドーン」「バターン」と何やら音が聞こえてきます。

どうやら物を投げ合ったり、物に当たりながら喧嘩しているようです。

 

アナナタチ、イマ一体何時かワカッテイルノ...

 

しばらく喧嘩をしたあと、決まって旦那さんがドアをバターンと乱暴に開けて出ていきます。

一時間くらいすると毎回帰ってきますが、冬とか寒い中どこにいってるんだろう?

と毎回不思議です。

 

まだ小さいお子さんも一人いるのですが、「子どもを起こさないように静かに喧嘩する」とかできないみたいで、いつも騒がしいです。

 

あまりにひどいので管理会社に苦情を入れようか真剣に考えて、その前に中国人の友人に相談してみることに。

 

「あー、中国ではよくあることネ!私も喧嘩のときは物を投げるヨ。

でも、高いものとか壊れやすいものは投げないようにしてるヨ。あはは~。」

 

えー!

マジですか...

 

「でも、後で片づけなきゃいけないし面倒くさくない?」と聞くと、

「うん、めんどくさいネ。めんどくさいけど、その時はそんなこと考えずに投げちゃうネ。」

 

私と話してるときはとてもおおらかな人なのですが、中国人同士で喧嘩となるとやっぱり日本人に接するのとはちょっと違うようです。

 

他の中国人の友達にも聞いてみました。

「あー、私の持ってるコンドミでも上の階の人毎晩喧嘩してるネ。中国ではよくあるヨ。頭おかしいネ。早く出て行ってほしいヨ。」と言っていました。

このお友達はいつも辛口です。

はっきりとモノを言うのが彼女のいいところですが笑。

彼女は物件をいくつか持っているので、今は別の物件をメインに住んでいるとのこと。

 

結構こういう風に派手にカップルで喧嘩をして物を投げる人は西安では多いようです。

ということで、管理会社に苦情を言うのはやめて、結局私たちが別のコンドミに引っ越しました笑。

 

中国人の人は怒りっぽいというか、喧嘩っ早い性格の人が多いのは食べ物や気候が関係しているのでどうしようもないところはありますね。

 

中医学的には、肝臓が疲れて本来の働きができないと体内の「気」が肩や頭に停滞しやすく、怒りっぽくなるとされています。

怒ることで上半身に停滞している「気」を発散させるように体が自然とバランスを取ってしまうのでしょうがないですね。

本人は「気」が上半身に停滞しているなんて全然気がつかないので、別の方法で「気」を発散させるということができず、身体のリアクションとして「怒って発散する」ようになってしまいがちです。

 

中国での生活は色々なことがありましたが、こうして日本以外の別の国に住むというのは新しい発見がたくさんあってとても勉強になります。

こちらに住んでいると、「騒音」なんて大した問題じゃないんだなぁと思ってしまいますし笑。

 

結局文句を言っても、

 

ココハ日本ジャナイデスカラー。

アナナタタチ何イッテルノ?

日本ノジョーシキハ通用シナイネ。

 

となるだけですので笑。

人間として寛大になれるというか、無理やりにでも大きくならざるを得ないというか

 

フィリピンに住んでいた時は、「家のドアを開けて大音量の音楽をかけ、夜通しパーティーしている下の階の人」とか、「明け方4時から向かいの広場で開催されるマラソンイベントのマイクテスト」とかありましたし。

それから「朝の6時の開店と同時に爆音のミュージックとともにパフォーマンスのダンスを踊り出すハンバーガーショップの店員たち」なんていうのもあったなぁ...

 

あの頃の私は、「安眠妨害じゃ~!常識を知らんのか~!」なんてまだまだ修行が足りていなかったなんてしみじみと思ってみたりして。

ところ変われば他の国でもそれはそれは色々です。

 

以前は私も「日本人基準」で色々と細かいことにピリピリしてしまっていましたが、フィリピンや中国、アメリカ、ニュージーランドなどその他の国を色々と見て、もっとおおらかになろう、何か問題や困難があればそれを乗り越えて大きくなるチャンスと前向きにあまりナーバスにならないように構えることができるようになりました。

だいぶ時間がかかったけど…。

 

中医学的にみても、イライラしたり怒ったりすることは血流を乱すとされ、血の温度も上げてしまうことになるので「血」に繋がり寿命を縮めることに直結します。

 

どんなことが起ころうと、どっしりとおおらかに構えていられるよう、勉強させられた海外生活でした。

今日はこの間あった失敗談です。


私の教室に来てくれている宋さん。

この間は2回目のクラスを受けに来てくれました。


クラス中、「今日はなんだか様子がちょっと変だな?どうしたんだろう?」と思いながら20分程経過したとき、宗さんが急に「先生ちょっとすみません」と言って更衣室に行ってしまいました。


「???」と思っていたら、横にいた生徒さんが

「まなみ先生、宋さんはコルセットがきつくてそれを外しに行ったんだよ。今日は宋さんこのあと仕事があるから、仕事中お腹がブヨブヨじゃあ恥ずかしくていつもコルセットを太ももから肩までつけてるみたい。」


えー!!!

運動中にコルセット???


私のヨガに来てくださった方はわかると思いますが、いつもヨガ前の注意事項という紙を生徒さんには渡しています。

要点だけ説明して、後は読んでおいてくださいねーと言っていますが、もちろんそこには服装のこともかいてあります。

「ゆったりとした体を締め付けない服装」と。

おーい!思いっきり身体締め付けてるしー!


過去にワイヤーの入ったブラジャーをつけたままヨガをやっていた方はいましたが(できればスポーツブラにしてくださいとお伝えしました)、コルセットは初体験です笑。

その発想が逆に凄いです!


思い返してみれば初回のとき、Tシャツでヨガをする宗さんのお腹は外から見てもわかるくらい激しくブヨブヨしており、三段腹になっていました。

他の人たちのお腹と比べてしまって恥ずかしくなってしまったのでしょうか??

ぽっちゃりした可愛らしい明るい方なのですが、「この贅肉どうにかしたいわ」と言っていたのを覚えています。

ちょっと自分の体にショックを受けた結果、今回のコルセットになってしまったのかもしれません。


私は三段腹でヨガをするフィリピン人は何百人と見ているので、気にすることもしないですが、当の本人はコンプレックスとしてものすごく気にしてしまうんですね。

これは中国人の日本人に近い感性だと思います。


フィリピンで教えていた時は、フィリピン人は全く気にせずお腹ボーンとむしろビキニ風のウェアで三段腹でも出してましたから!笑

いい意味で気にしなさすぎです...。

少し前までフィリピンで教えていたため、私の感性がちょっとおかしくなってしまっていたのかもしれません。

もう少し宗さんに初回のときにフォローをかけてあげればよかったなぁと、反省しております。
ごめんね、宋さん...。
 

ということで、これからはフィリピンで失われてしまった「女性らしい恥じらい」も取り戻していこうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前々から思っていたこと。

中国人は腹筋がものすごく強い!
正確に言うと、「腹直筋」「腸腰筋」ですね。
いや~、本当に半端なくコアのスタミナがあり、ありえないくらい強いんです!!!
特にピラティスなんかをやると、私なんかは中国人の方々に到底ついていけません...。

無理をしてみんなのペースに合わせようとすると、ピラティスの次の日、腹直筋だけ激しい筋肉痛に襲われます笑。
背筋を伸ばすことが困難になります。
...ので軽く毎回手を抜いてやっています。
そうしないと私にとってはオーバートレーニングになってしまうのです。
なんたってハードすぎです...。

なんでこんなにみんな腹筋が強いのだろ~??っと思いながらしばらくこちらで生活していたら、「そりゃ強くなるよね!」と納得できました。
以下私の考察した事柄です。

まずその一、「冷たいものを摂らない」。
中国人はいつも温かい飲み物を飲みます。
夏でも温かいお茶です。氷なんて入れません。

これには最初は私もびっくりしましたが、中医学を学ぶと冷たい飲み物は飲みたいと思わなくなりますね。
以前は夏は冷たい飲み物をガブガブ飲んでましたが、もうこれからは私もあまり飲まないだろうなぁと思います。

冷たい飲み物はお腹を冷やします。
これは常識ですよね笑。
お腹を冷やすという事は、内臓ももちろん冷えますし、腹直筋などお腹周りについている筋肉たちも冷やします。
内臓や筋肉が冷えると、働きが悪くなるんです。
働きが悪くなって、内臓や筋肉が固くなります。
そして弱くなっていきます~。

そして、その二「日常生活でよく歩く、踏ん張る」。
こちらに住んでいる人は、よく歩きます。
そして、歩く速度も速いです。
また、バイクやバスを使うことが多いので、バイクに乗るときに股関節からお腹にかけてキュッと締めます。
バスは急ブレーキをかけたり、運転がガサツな方が多いので、かなり踏ん張ります。
トイレも和式が多いので、踏ん張ります笑。

これは日常生活のなかでかなり効率的に腹筋を鍛えていますね。
素晴らしいです!

最後にその三。「適度な運動」。
中国人はみんなで楽しく踊ったり、バドミントンや卓球をしたりする習慣が生活のなかに溶け込んでいます。
公園や広場では毎朝体操や太極拳をしている団体を見かけます。
夜集まるグループももちろんいます。
コンドミの中にはバドミントンや卓球のできる施設が必ずと言っていいほどあります。
みんなで声を出しながらワイワイガヤガヤ楽しそうに身体を動かしているんです。

本当に毎日やっています。
暑い日も、寒い日も。
それは自然と身体が鍛えられますよね。

オフィスで一日ずーっと座りっぱなしでは腹筋その他の筋肉は衰えていくばかりですが、適度に毎日身体を動かしながら日常生活で腹筋を労わり、鍛えていけば、間違いなくコアは鍛えられます。
このコアの強さから中国人の底知れぬ芯の強さを感じます...。



家からの夜景クリスマス まなみヨガ西安

写真はクリスマスの夜のものです。

西安では今年一番くらいに空気が澄みわたってきれいな夜でした。

とてもきれいだったので、思わず写真に残してしましました。



最近の西安は朝の7時過ぎになってもまだ暗く、星が見えます(中国でも星みえるんですよ!)。

以前は同じ時間で人と車の行き来がもっとあったのですが、夜中のように暗いため、中国人の方たちの動きも鈍っているようです。

コンドミの明かりもあまりついていないので、みんなゆっくり寝ているのかな?



かくいう私も外が暗いため起きるのが遅くなっていましたが、最近は目覚まし時計をセットして朝6時頃には起きるようにしています。

いつも朝にデスクワークをするので、起きる時間が遅くなるとそれだけ仕事の時間がなくなってしまうのです...。

ちなみに、朝起きてからご飯を食べるまでの時間は中医学的にみると脳のゴールデンタイムとされています。最も仕事能力が高く発揮でき、高い成果が望めます。

ということで、私もこの恩恵にあずかろうといつも朝早い時間に仕事をするようにしています。

本当にはかどるのでおススメですよ!



家の窓から2環路(西安にある大きな環状線です)が見渡せるので、毎日家から外を眺めながら仕事したり、コーヒーを飲んでくつろいだりしています。



したがって、よく車が事故っていたり、バスがよくわからないけど止まって動かなくなっていたり、要人のために道路が一時的にふさがれるのもとてもよく見えます。



窓から眺めていると、事故が特に多い日があります。

そういう日は外に出ても中国人の行動がおかしくなっていることが多いので、要注意です。

お店が突然閉まっていたり、担当者が休みだったり、いつも混んでいない道が大渋滞だったり、ヨガの予約がドタキャンされたりなど。



朝窓の外をみながら、事故が多い日は要注意日!として外出をなるべく避けたりしています。

これからの年末年始、皆様もイレギュラーな行動が多いと思いますが、よい年末年始をお過ごしください!




 


 


 


 


 


 


 

このページのトップヘ