ナチュラル生活1年生

7年の海外生活を経て、日本に戻ってきました。 今までのヨガ、中医の生活に加えて、体にも自然にも優しいナチュラルライフを少しずつ日本で取り入れていきたいと日々勉強しています。

タグ:コントロール

まなみヨガ 西安 ラクダのポーズ
 

「あれもこれもやりたい!」

「やりたいことがいっぱいあってまよっちゃう!」

「月曜日はこれ、火曜日はこれ、水曜日はコレ…」

 

やりたいことがないより、やりたいことがたくさんあるのはいいですよね!

 

でも、あれもこれもとつまみ食いしていると、結局よくわからなくなってしまいます。

一年後もたいして成長していない自分がいたり。

 

ヨガでも同じように、集中することが求められます。

自分の身体としっかりと向き合い、自分が何を考えているのかを知る。

 

一年後、二年後によりよい自分になれるよう、今の自分に本当に必要なものだけを選び、それに集中できるよう、マインドをクリアにしていく。

 

私もヨガを始めた最初の3年間はよくわからなかったのですが、続けているとだんだんとマインドがクリアになるのがわかってくるようになりますよ。

雑念が多い人程時間がかかるかも~。

 

現代人の多くの方は、体と心がバラバラになっていて、それが原因で色々な病気や体調不良、精神的な不安定さを引き起こしています。

 

多くの方は

 

体を心に従わせる

というのがあまり得意ではないようです。

 

例えば、

「本当はいい仕事をしたいのに、頭痛のせいで集中できない」

「旅行に行って楽しみたいのに、なんだかだるくて気力がわかない」

「健康に良くないとわかっているのにタバコがやめられない」

 

これらはすべて、体が心の言うことを聞いてくれないために起こっている事柄です。

体が自分の意思とは別に暴走してしまっている状態です。

この状態が進むと、体によってすべてが支配されることになります。

 

私のヨガのクラスには、体調不良を改善したくて来てくれている方もたくさんいます。

その方たちの大半は、心と体がバラバラになってしまったことで体の健康が損なわれてしまっています。

 

体と心がバラバラになってしまう理由は人それぞれですが、ヨガを通じて改善することは可能です。

体調不良が長い事続いてらっしゃる方には信じられないかもしれませんが、自分の体調をコントロールすることは可能なのです。

 

体調を悪くしようと思えば悪くできてしまいますし、良くしようと思えば改善できます。

多くの方は、知らず知らずのうちに体調を悪くするような姿勢や生活習慣のために体調が悪くなっているだけです。

 

コントロールの仕方さえ理解できれば、体調管理は意外と簡単です。

 

ヨガを通じて、

「体が硬い」「うまく動かない」「一部に突っ張りを感じる」状態から

「少しづつほぐれてきた」「動かすコツがわかってきた」「突っ張る感じがなくなってきた」という変化を感じながら

 

どうしたら自分の体を思い通りに動かすことができるようになるか、体のコントロール方法を少しづつ身に着けることができます。

そして、自分の体のコントロールができてくると、自然と健康になり、心と体のコントロールがよりしやすくなります。

 

もちろん、やみくもにヨガをやっていても上達しませんので、それぞれのポーズやその方の状態に合わせて、どこをどう意識するかが大切です。

ポーズをとっているときの意識の仕方によって、意識をしないときと格段に差が出ます。

 

極端な話、一日の半分の時間体調が悪ければ、人生の半分が楽しくなくなってしまいます。

ヨガを通じて、もちろんヨガ以外でも自分に合ったものが見つけられればそれを通じて、体に人生をコントロールされるより、自分自身でコントロールして、充実した生活をおくりましょう!

このページのトップヘ