ナチュラル生活1年生

7年の海外生活を経て、日本に戻ってきました。 今までのヨガ、中医の生活に加えて、体にも自然にも優しいナチュラルライフを少しずつ日本で取り入れていきたいと日々勉強しています。

タグ:オススメ

淡路島 お香づくり体験 ナチュラルライフ2

旅の記録に戻ります。

あと数回で終わりになります~。

 

四国を抜けて淡路島です。

淡路島ではお香を作ってきました。

今まで知らなかったのですが、淡路島は線香とお香の生産が日本一だそうです。

最初はこんな風に粉末状の木の粉からスタートです。

これにお水を足してコネコネ。

淡路島 お香づくり体験 ナチュラルライフ3
 

さらに色をつけてコネコネ。

淡路島 お香づくり体験 ナチュラルライフ5
 

オイルを足してコネコネ。

淡路島 お香づくり体験 ナチュラルライフ4
するとあ~ら不思議。

粘土みたいになりました。

 

これを手でかたちを整えながらってほんと粘土細工やってるみたいですが笑。

でも、やってるうちに意外と楽しくて夢中になっちゃいますよ。

こんな感じでできあがり~。

淡路島 お香づくり体験 ナチュラルライフ1
 

あとは一週間ほどゆっくりと乾かしたらできあがり!

火をつけて香りを楽しんでもいいし、このままでも香りがついているのでそのままタンスに入れたり、お手洗いや車の中などに置いてフレグランスとしても使えます。

香りが薄くなってきたらアロマスプレーを振りかければまた使えます。

 

お香には粘り気のある木材を使っているようで、本当に不思議なんですが捏ねていると粘土みたいになります。

香りの良い木材も一緒にブレンドされているんですよ。

“木”って果実は食べれるし、ハーブみたいに薬になるものもあるし、暖も取れるし、色々と利用方法があって奥深いですね。

高知2 観光 沈下橋 ナチュラルライフ

高知に入りました。

高知と言えば沈下橋!

もちろん渡ってみました。

高知1 観光 沈下橋 ナチュラルライフ
 

ところで高知に入った途端、いたるところで「田舎寿司」が売ってます。

愛媛と香川ではこういうお寿司は見かけませんでした。

こんにゃくでお稲荷さんみたいに包んであったり、タケノコや青菜、昆布などできれいに巻いてあって彩もきれいですね。

高知 観光 田舎寿司 ナチュラルライフ
 

こんにゃくでこうして包むのって初めて見ました!

中部エリアでは見かけないなぁ~。

私も今度やってみよう。

 

太巻きもきれい~。
高知 観光 田舎寿司2 ナチュラルライフ

なかなかこうやってきれいに巻くの難しいんですよね。

しかもこの田舎寿司、優しい味でおいしい!

 

エリアでこうやって特色があるのは楽しいし、勉強になりますね。


遊子水荷浦の段畑1 愛媛 観光 宇和島 オススメ 自然
愛媛最終日。

「遊子水荷浦の段畑(ゆすみずがうらのだんばた)」へ遊びに行ってきました。

 

まず名前が難しい~!

この「段畑」って、段々畑を省略してこう言ってるのかな~と思ったのですが、ここら辺の地元の方たちは昔から段々畑のことを「段畑」と呼んでいるようです。

遊子水荷浦の段畑3 愛媛 観光 宇和島 オススメ 自然
 

これだけ大規模な段々畑、作るの大変だったんだろうな~。

これでもだいぶ規模が小さくなったようで、昔はもーっと広かったみたい。

遊子水荷浦の段畑6 愛媛 観光 宇和島 オススメ 自然
 

ほら、こう見てもわかるように結構急なんですよ。

気を付けないと転びそうで怖いです。

 

上を見上げると、一瞬どこにいるのかわからなくなるような不思議な光景。

遊子水荷浦の段畑9 愛媛 観光 宇和島 オススメ 自然
 

この段々畑を作るのも大変ですが、水やりも一苦労だっただろうに。

昔はふもとから水をしょって上がってきていたようで、考えただけでヘトヘトになりそうです。

この辺りはリアス式海岸の地形なので、平らな土地もなく、昔の人の苦労がうかがえます。

 

しかしここは本当に日当たりがいい!
遊子水荷浦の段畑8 愛媛 観光 宇和島 オススメ 自然

ジャガイモの栽培をしているようですが、ポカポカとしたお日様にスクスクと育ててもらっているのがよくわかります。

 

あったかくてしあわせ~。

 

広いですから、所どころまだ植え付けが終わっていないスペースがあったりもします。

遊子水荷浦の段畑5 愛媛 観光 宇和島 オススメ 自然
 

ジャガイモばかりでなく、空いたスペースでキャベツなど他の野菜も作っているようです。
遊子水荷浦の段畑2 愛媛 観光 宇和島 オススメ 自然

これは個人消費用ですね。

そうだよね、他の野菜も食べたいよね。

かわいいな笑。

 

この段畑もとっても癒される場所でしたが、もっと気に入ったのが宇和島からこの遊子水荷浦へ来る途中の町々です。

 

見とれてしまって写真は撮り忘れました!

本当に海辺がのどかで、ゆったりと時間が流れているし、海がきれ~い!

お家はきちんと手入れされているところばかり。

年を重ねて寒い所に住むのが辛くなったら、この場所はいいかも~。

と思わず思ってしまうような癒される雰囲気を持った海辺の町でした。

 

もう少し愛媛を見てみたいけど、また今度来た時のお楽しみにして高知に入ります。

愛媛県の西予市にある道の駅、どんぶり館。

ここは今回の旅でお気に入りとなった道の駅の一つです。

 

他の道の駅ではあまり見かけない薬草関係が充実して販売されていました。

 

ケンポナシの木の皮!

愛媛 西予市 道の駅2 カキ どんぶり館 ナチュラル生活

前にケンポナシのことをブログでも書いたことはありますが、日本でケンポナシを売っているのは初めて見ました。

もうこれだけでこの地域はいい人が住んでいそうだな~って思っちゃいます。

 

実際この道の駅はとっても雰囲気が良かったです。

産直で売っている野菜も他では見かけない珍しいものが多かったですし、他の道の駅に比べて圧倒的に個人で道の駅に持ち込んで売っている商品がたくさんありました。

 

そして、なんとすごくラッキーなことにこの日はカキの特売日!

袋にもりもり入ったカキが激安で販売されていました。

愛媛 西予市 道の駅3 カキ どんぶり館 ナチュラル生活
 

食べた後に戻って撮った写真なのでもうだいぶ売れてしまってますが、これで一袋1,000円!

旦那さんと二人でキャンピングカーの中で食べましたが、一人20個くらい食べたと思います。

愛媛 西予市 道の駅1 カキ どんぶり館 ナチュラル生活
 

この牡蠣、めちゃくちゃおいしかったです~!

何も味をつけなくても、海水の塩分だけでちょうどいいあんばいになってます。

今まで食べた中で一番おいしいカキでした。

これで一人500円だなんて、信じられな~い!

 

牡蠣売り場にたまたま社長さんがいらっしゃったのでお話を聞いてみると、知り合いの業者さんから格安で仕入れているそうです。

年末年始と、カキのシーズンが終わる時期に特売をするそうで、私たちが立ち寄ったのはシーズン終わりの特売の日でした。

 

社長さんや社員さんもとっても人柄のいい方たちばかりで、また絶対に寄りたい道の駅です。

 

社長さんに教えて頂いたのですが、愛媛は道の駅に力を入れているらしい。

どうりで!

どの道の駅も雰囲気が良くて、頑張っている感じが伝わってきます。

地域の物をお弁当やお惣菜でたくさん売っているし、見たことのない種類の野菜についてどうやって食べたらいいのかや保存方法を聞くと、生産者でないスタッフの方もすらっと教えてくれます。

 

お手洗いも便座が温かい所が多いし、手を洗うお水は温水が出るところもありました。

 

近くでお風呂に入れる施設を聞くと、さっと地図を出してくれたり。

道の駅に併設されているレストランや食堂もリーズナブルなお値段でおいしいです。

 

道の駅を通じて、すっかり愛媛好きになってしまいました笑。

もうすぐ愛媛を抜けて高知に入りますが、愛媛は絶対にまた来ようと思ってます。

 

愛媛 道後温泉2 観光 旅行 口コミ

そういえば話はちょっと戻りますが、今治から内子町の移動途中に松山にも寄りました。

 

松山城に登ったあと汗を流そうと、あの有名な道後温泉に入ろう!

ということになり、行ってきました!

 愛媛 道後温泉1 観光 旅行 口コミ

うん、風情がありますね~。

 

でも、中に入ってビックリ!

人がいっぱい!

 

そして浴場の扉をガラガラと開けて愕然!

一瞬混乱で頭が真っ白になりました。

お風呂場には人がうじゃうじゃ笑。

 

洗い場もいっぱいで、空くまで軽く待ちました。

お風呂もひしめき合って入りました笑。

 

道後温泉って、こんなんだったの??

私の想像していたのと随分違ったのでちょっとびっくりしました笑。

こんな温泉体験は初めてです。

でも、こうやって入るのは学生時代の合宿のとき以来かも。

なんかこれはこれで楽しかったです。

旦那さんが入った男湯でも同じように人がいっぱいだったみたいで、旦那さんもびっくりしてました。

お隣にいた京都のおばちゃんたちとお話したときに得た情報ですが、どうやら道後温泉は今年の10月から耐震工事で一部改装に入るそうです。

それで工事で変わってしまう前に観光客が押し寄せているそうな。

このおばちゃんたちも工事前に入っておこうと来たそうです。

 

へ~、工事が予定されているなんて全然知らなかった。

ちなみに工事期間はかなり長いようです。

 

でも他の常連さんのような方は、「いつもより今日は人が少ないわ~」と言っていたり。

うーん、結局いつ行っても人は多そうです。

 

耐震工事でどこがどう変わるかわかりませんが、変わる前に見ておきたいという方は早めに行っておいた方がいいかもしれませんね。

 

ナチュラルライフ1 内子町 愛媛 観光 おススメ シンプルライフ

昨日浜松に戻ってきました!

なんだか旅で感じることがたくさんあって思いが整理し切れず、落ち着いてから書くことにしました。

 

なんでですかね、歳を重ねるとともに古き良きシンプルな生活が素敵だと思うようになりました。

若い頃は気にも留めていなかった物や事に非常に興味が出てきている自分が不思議です。

 

今は便利なものがたくさんあって、暮らしに不自由するということはほとんどありませんが、

手間はかかっても、自分で魚を釣って食べたり、野菜を育ててお漬物を作ったりって、何だか素敵だなと思うようになりました。

 

今回の旅では先人の知恵を少しでも学ばせていただきたいな、と思いながら色々な場所を見学してきました。

 

ということで、旅の思い出の続きをまた書いていきたいと思います。

 

今治の次は、内子の町にやってきました!

ここは、明治時代の建物が今でもきれいに保存されている町です。

ナチュラルライフ6 内子町 愛媛 観光 おススメ シンプルライフ
 

内子座を見学したり。

ナチュラルライフ4 内子町 愛媛 観光 おススメ シンプルライフ
 

まだ現役で使われています。

すごい~!

ナチュラルライフ5 内子町 愛媛 観光 おススメ シンプルライフ
 

見学者が少ないときにはボランティアのガイドさんがついてくれるのかな?

色々と内子座について大変丁寧に教えて頂きました。

 

こうやって、古い建物をそこに住んでいらっしゃる方々が大切に手入れしてまだ使っているって、素敵な地域ですよね。

 

商いと暮らしの博物館に行ったり。

ナチュラルライフ3 内子町 愛媛 観光 おススメ シンプルライフ
 

ここでは明治から大正時代にかけての生活が詳しく見れます。

昔の人の暮らしの知恵を学ぶことができる、とても面白い建物です。

人形が色々とおしゃべりして教えてくれるのですが、しゃべる内容がこれまた結構面白いです。

 

突然しゃべり出すのでちょっとびっくりします。

 

電話も13番で掛けられたんだ笑。

ナチュラルライフ2 内子町 愛媛 観光 おススメ シンプルライフ
 

その他にも、内子の町にはまだ現役で和ろうそくを作っている職人さんがいたり。

ロウソクにも種類があるなんて今まで気にも留めていませんでしたが、旦那さん曰く、

「あ、金田一耕助で洞窟とかのシーンによく出てくるあのロウソクね!」らしいです笑。

 

実際に火がついているところを見ると、確かに違いは一目瞭然です。

太く、温かい光で、風が吹いても消えない。

↑こう説明してもらいました笑。

 

でも、確かに温かいぬくもりのある炎で、普段見る西洋ロウソクとは全く違いました。

職人さんたちの写真は撮り忘れました...

 

木蝋ビジネスで富を築いた上芳賀家のお家も見学してきました。

ここもボランティアのガイドさんが大変丁寧に一時間ほど大きなお家の中をいっしょに回りながら説明してくれました。

敷地内にある木蝋の資料館の展示スペースもわかりやすくて、ハゼの実から木蝋や生蝋が作られる過程がとっても詳しく学べます。

 

また、この町を歩いていると子供たちが元気よく挨拶してくれます。
ナチュラルライフ7 内子町 愛媛 観光 おススメ シンプルライフ

もちろん、お散歩中のおばあちゃんも挨拶してくれます。

なんだかそれだけで心が温かくなるいい街だなぁと思いました。

大三島 伯方の塩 工場見学2 ナチュラルライフ
広島から四国に入って最初に立ち寄ったのは「大三島」。

この島にはスーパーでよく見かける「伯方の塩」の工場があるんです。

ちなみにお隣は「伯方島」。

伯方島にも工場はありますが、見学ができるのは大三島にある工場のみのようです。

 

小さい頃から知っていたあの塩はここで作られていたのか~!

なんて思いながら、不思議な気持ちで工場見学してきました。

 

工場の目の前にはきれいな海!

この海の水も取り入れてあの塩ができているのね!

大三島 伯方の塩 工場見学3 ナチュラルライフ
 

工場の中は写真撮影禁止なので画像はありませんが、塩が大量に積まれている光景など、普段ではなかなか見られない興味深いものばかりでした。

めったに見ることのできない窯の中などもモニターで見れるようになっています。

 

工場の隣にあった竹で作られた昔ながらの塩の製法をしている塩田は撮影大丈夫でした。

大三島 伯方の塩 工場見学1 ナチュラルライフ
 

写真を撮っていると、親切な係員のお兄さんが現れて色々と丁寧に教えてくれました。

日本は岩塩が取れないので、昔から海水から塩を作るために色々と苦労して工夫していたことや、パネルの説明だけではちょっと分かりにくかった、この竹を利用した塩田のシステムがどうなっているのか、以前日本で一部の製法以外は塩を作ることが禁止されていた頃のことなど、大変勉強になることを教えて頂きました。

 

ラッキーなことに他に見学者がいなかったので、私たちだけでお兄さんを独り占めです。

塩のお土産まで頂いて、非常に充実した工場見学でした。

 

そうそう、ここの「伯方の塩ソフトクリーム」がおいしいと聞いていたので食べてみましたが、確かにおいしい!

大三島 伯方の塩 工場見学4 ソフトクリーム ナチュラルライフ

最後に塩をソフトクリームに振りかけてくれるのですが、これがおいしいんです!

もちろん、ソフトクリーム自体もおいしいです。

 

うーん、これはもう一度食べたいと思うかも。

今度自分でも塩をかけて食べてみようと思います。

 

オークランド 動物園 まなみヨガ

オークランドネタもまだまだたくさんあるので、少しずつ書いていきたいと思います。

この間オークランドで一番気に入ったMt. Victoriaのことを書きましたが、このAuckland Zoo2番目のお気に入りです!

 

「動物園ってこんなに楽しかったっけ??」と思うほどエンジョイしました。

 

動物が壁の向こうの遠いところじゃなく、できるだけ近くで見えるように工夫されているのがとっても良かったです。


オークランド 動物園 プケコ まなみヨガ
 

動物園に入る前の駐車場から既にプケコが数匹うろうろ。

中の動物たちの気配を感じ取って集まってきちゃったのでしょうか笑。

 

入場料は28ドルになってました。

何でもそうですが、オークランドの物価はどんどん値上がりしています~。

 

で、入場料を払うとレシートと地図が1枚だけもらえます。

「あれ?チケットは?」とカウンターのお姉さんに聞くと、「チケットなんてないわよ。レシートを見せて中に入って。」とのこと。

いたって普通のレシートです。

オークランド 動物園 入場料 まなみヨガ
 

このシステムの動物園は初めてです。

でも、チケットって結局ゴミになるから確かにレシートで済ませるっていうのはアリかもしれませんね。

(ちなみに園内の地図も2人につき1枚しかもらえません。)

 

色々な動物がいるのはもちろんなんですが、動物との距離が本当に近い!

オークランド 動物園 ミーアキャット

ミーアキャット。

手を伸ばせば触れちゃいそう。


オークランド 動物園 ガラパゴスゾウガメ
 

ガラパゴスゾウガメ~!

近っ!

 

その他にも、キウイやタカへなどニュージーランド固有の動物もいますよ。

オークランド 動物園 キア Kea まなみヨガ

このキアという鳥はいたずらをしたり、噛んだりするそうなので普通に触れちゃう距離にいてオリにも入っていませんが、手は出さないように~!

 

キウイは夜行性なので、フラッシュ撮影ダメでした。

写真はないですけど、初めてキウイを見ることができて満足!

交尾してました笑。

うんうん、数が少ないから子作り頑張っておくれ~。


オークランド 動物園 kunekune pig クネクネピッグ

クネクネピッグ。

マオリ語で「丸くて太ったブタ」。

ちょっとかわいそうな名前...

人懐っこい性格のブタさんです。

食べるとすごくおいしいらしい...

ニュージーランドのファームに行くとこのブタは普通に飼われていることが多いです。

 
オークランド 動物園 黒鳥親子 まなみヨガ

園内には川も流れています。

黒鳥親子が遊びに来ていたり、激太の天然ウナギもいました。

(オークランドの川には天然のウナギがよくいます。)

 

鳥のゲージにも天井がついていないものが多く、なるべく動物たちにストレスないようにとよく考えられているし、人間にとっても楽しいです。


オークランド 動物園 鳥 トゥイ Tui

喉にある白いボンボンが特徴的なトゥイ。

よくこうやって花の蜜を吸ってます。

 

園内には3か所カフェがあったので、歩き疲れたらゆっくり休憩もできますよ。

でも、3時頃には閉まってしまうので注意が必要です。

 

大人も子供も間違いなく楽しめる場所だと思います。

私はすっごく満喫しました!

ぜひ行ってみてくださいね~!

このページのトップヘ