ナチュラル生活1年生

7年の海外生活を経て、日本に戻ってきました。 今までのヨガ、中医の生活に加えて、体にも自然にも優しいナチュラルライフを少しずつ日本で取り入れていきたいと日々勉強しています。

2016年01月

まなみヨガ 西安 新年あいさつ

ご挨拶が遅くなりましたが、皆様、あけましておめでとうございます!

今年もよい年にできるよう、お互い切磋琢磨していきましょうね!


さて、私の個人的な目標を以下に書き留めておきます。

個人的なことなので興味のない方はスルーしてください。


    Facebook YouTubeページのコンテンツの充実
今年は中国国外に出た際に少しずつページをメンテナンスし、写真や解剖学関係のビデオも追加予定。
内容を充実させていきたいと思っています。

    ヨガのお仕事全般
現在ホームスタジオで教えていますが、今年は色々と発展がありそうなので具体的な目標は定めることができず。できることはとりあえず全てやってみようと思っています。

    手帳をちゃんと活用する
動きの多い年になりそうです。毎回手帳を買っても12月まで使い切れていない私...。今年はきちんと手帳を活用し、2016年の最後まで使い切りたいと思います。

    中医学と中国語の勉強
中医学は引き続きマイペースに勉強。
中国語は「話し言葉」を3月から大学で本格的に学び始め、日常会話で支障のないくらいにしゃべれるようにする予定。

    Ebookを作る!
3
か国で生活した経験と、その他の国でヨガをした経験を活かしてEbookを作る予定です。

    会いたい人に会いに行く!
以前からチェックしている私が個人的に気になる人たちが何人かいます。
今年は機会を見て、その方たちに会いに行く予定!


ということで、2016年はエキサイティングな年になりそうな予感です!

 

 

ヨガをやって坐骨神経痛が治った!っていう人と同じくらい、ヨガをやって坐骨神経痛になる人っているんじゃないかと思います。


ちなみに坐骨神経痛とは、お尻から足先にかけての神経の痺れや痛みの症状が発生することです。

なったことのある人はわかると思いますが、神経痛は辛いですよね...。

特に、今は冬なので、冬の時期は寒さと冷えで症状が余計にひどくなる傾向があります。


私の周りの人に話を聞くと、ヨガで坐骨神経痛になってしまったという人はちょくちょくいます。

インストラクターをやっている方でも、過去に坐骨神経痛を経験している方は多いです。

特にアシュタンギー!


そして私も過去にかる~く坐骨神経痛やりました。

実は以前アシュタンギーだった頃、ちょっとストイックに頑張りすぎていた期間がありました...。

イスに座り続けていると、30分くらいしてお尻が痛くなってくるのです。

冷房の効いているカフェなどは10分くらいしかもちませんでした。

でも、ごくごく軽い症状で自分ですぐに気がついたのでマッサージとお尻のストレッチで改善できましたよ。


ヨガをやっている人がなる坐骨神経痛は、「梨状筋症候群」タイプの坐骨神経痛ですね。

こういう方たちは、大抵「頑張り屋さん」です。

知らないうちにお尻の筋肉に力を入れて踏ん張ってしまっているようです。


力を抜いてリラックスすることも忘れずに!

力を入れてばかりで踏ん張りすぎていては、筋肉はカチコチに凝り固まってしまいますよ~。


特に坐骨神経痛の場合、梨状筋のこわばりがよくフォーカスされますが、梨状筋は他の筋肉と協力して動く筋肉なので、梨状筋だけでなくお尻の筋肉全体が凝っているケースが多いです。

梨状筋の下にたまたま大きな神経が通っているだけで、梨状筋をそんなに悪者にしないであげてくださいね。

上から梨状筋を凝り固まった大殿筋や中殿筋が押しつぶしていることもあるんですよ。


頑張るのは大切だけど、筋肉がカチコチになっている状態では身体がかわいそうです。

また、ヨガで一番大切なことは「身体のバランス」です。

力を入れすぎるのもよくないし、抜きすぎるのもよくない。

難しいですね。


力を入れすぎてしまった場合は、同じくらいその筋肉から力を抜くことが必要とされます。

でも、力を抜くのって意外と難しいんです。

うまく力が抜けないときは、身体へのご褒美としてマッサージにでも行ってみましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

このページのトップヘ