「子午古道」について興味がある方のため、また今後自分でまた行くときのためにトレッキングの情報をまとめておきます。

 

 

【地図・コースについて】

今回歩いた地点までの情報を地図に上書きして貼り付けておきます。
子午峪 子午古道 まなみヨガ 西安 地図

 

最寄りのバス停から「子午口」までは2キロちょっとなので、歩くとだいたい30分くらいです。

ある中国人のブログを見ると、最深部まで4時間かかったと書いてありました。

私たちはバードウォッチングしたり、動物を見たりとかなりゆっくり歩いたのですが、引き返さずに進んでいれば同じようにバス停から歩いて4時間くらいで最深部に到達するだろうと予想できました。

最深部からの残り半分の道のりはあまり整備されていないようで、どれくらいかかるかどなたのブログにも記載がなかったので、コースタイムは不明です。

 

今回行った地点までで歩きにくい場所はほぼありませんでした。

一部勾配が急なところがありますが、初心者でも問題ない程度です。

また、「現在地」を特定できる看板や標識などはありません。

「村」の看板も全くないですし、脇道がちょこちょことあったりしますが、何の案内もありません。

地図や標高計などをこまめに気にしながら、現在地を常に確認したほうが良いと思います。

ただ、道自体はわかりやすく真っ直ぐと伸びているので、メインの道を見失うことはないと思います。

 

【交通機関、その他行き方】

「子午古道」へ行くためには、バスかタクシーを使うことになります。

西安の中心からだとバスを使ってだいたい2時間くらいでしょうか。

タクシーだと、渋滞していなければ1時間20分程度で行けると思います。

 

「子午古道」へ行くために、私たちはバスを使いました。

最寄りのバス停はいくつかあります。

以下に「白度(バイドゥ)」の地図を貼り付けておきます。

子午峪 子午古道 最寄りのバス停 まなみヨガ 西安
 

今回私たちが使ったのはのバス停です。

バス停を降りると、「跳跳车(ティアオティアオチュー)」が待機しています。

タイでいう、トゥクトゥクみたいなものです。

それに乗って、10元で「子午口」まで行けます。

今回私たちは行きは歩くことにしたので使いませんでしたが、帰りは雨に降られてしまったので「子午口」からバス停まで跳跳车を利用しました。

 

【駐車場】

地図に駐車場の場所を記載しておきました。

ほとんどの駐車場は5元/回ですが、ゲートの前の駐車場だけは10/回でした。

また、「子午口」に面してある駐車場はマウンテンバイクなどの自転車も置けるようで、その場合は2元/回でした。

 

【トイレ】

地図にトイレの場所を記載しておきました。

無料で使用できます。

中国基準でいう、「普通にキレイ」だと思います。

もちろん紙はないので持参してください。

 

【水や食料】

ポツポツと食事のできる場所はありますが、この谷に住んでいる方が個人でやっている「农家吃(ノンジャーチュー」ばかりです。

個人営業のとても小さな食事処というイメージでしょうか。

したがって朝早い時間はもちろんやっていませんし、毎日営業しているわけでもないようです。

今回、水を売っている农家吃」は1件しか見ませんでした。

基本的に食べ物や水は自分で持って行った方が良いと思います。

 

また、「ちょっと休憩してここでご飯を食べよう」と思えるような開けた場所は全くありません。

一か所、「七里村」を少し過ぎたところの道の真ん中に小さなテーブルとイス、屋根が設置してある場所がありましたが、常に誰か座って休憩しているので競争率がとても高いです。

歩きながらささっと食べれるような物を持って行った方が良いと思います。

 

【その他の情報】

「子午古道」は紀元前300年頃から使われていたという古道です。

この古道は渓谷や山のなかを通り西安の南から「汉中」、日本語だと「漢中」まで約420キロの道のりで続いています。

 

この道は楊貴妃へライチなどの献上品を運ぶために使われたり、劉邦が咸陽を落とす際にも通ったようです。

歴史的にも非常に重要な古道として認識されており、昔から多くの人々が利用してきました。

現在は道としてはもう使用されていませんが、個人がトレッキングを楽しむなどレジャーなどで人気の場所です。

 

入場料などはありません。